« 仕事始め・・・ない(^^;) | Main | わかった!(下ネタ注意) »

2004.01.06

国産五極管「ソラ」

 NHKプロジェクト×を見る。南極特集ということで、最初の南極観測隊についての話。つい最近、別の仕事で宗谷の模型のレビューをした際に、色々調べ物をしていたこともあって、たいへん興味深く観た。
 やはり当時の日本にとっては、南極観測は月着陸にも似た一大イベントだったのだなぁと、改めて思う。偉業がなし遂げられた影には、必ずそれを支えた偉大な漢たちがいる。日頃あまり目に触れることのない、そういった人達の軌跡に触れることができるのがこの番組の良さ。

 この番組で初めて知ったのだが、当時副隊長を努めた西堀氏は、戦時中に国産五極管「ソラ」を作った人だということだ。元HAMのデムパにーちゃんとしては、ニッケルの代わりに焼いたブリキを使ったという、「ソラ」がいかなるものかということに興味を惹かれた。

 番組終了後、ちとググッてみたところ、6JS7相当のRH-2をベースに高周波化したもので、高低周波増幅、周波数変換、発振、検波などなんでも使える万能管。当時の軍の要望により航空機用として開発されたものである由。さらに調べると、なんとこれが12G-R6の前身だったことも判明した。子供の頃、富士電機の技師だった叔父貴より譲り受けた大量の真空管の中に、この12G-R6もあった。ソラそのものも、戦後軍放出品として大量に市場に流れ、なんでも使える便利なタマとして人気だったそうなので、創世記のアキバなどで入手し、使った方も多いのかもしれない。叔父貴もそんな一人だったのだろうか。

 すでに他界してしまっている今、その答えは聞けない。

|

« 仕事始め・・・ない(^^;) | Main | わかった!(下ネタ注意) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3514/79053

Listed below are links to weblogs that reference 国産五極管「ソラ」:

« 仕事始め・・・ない(^^;) | Main | わかった!(下ネタ注意) »