« February 2004 | Main | April 2004 »

2004.03.29

有酸素運動と花粉症の関係

 先日も書いた「アニメダイエット」だが、運動不足解消と共にもうひとつ、副次的効果があることがわかってきた。鼻が通るのである。
 実はもう20年以上続くひどい花粉症で、いつもこの時期になると鼻がグズグスになる。両穴とも完全につまって息が苦しいところにもってきて、鼻水は容赦なくダラダラと流れ落ちるのだ。外出するときなどは大変である。そこらの買い物程度なら、鼻の穴にティッシュを詰めて、その上からマスクで隠して(みっともないからね)出かけられるのだが、長時間の外出の場合そうはいかない。
 まず湯気でもうもうとした風呂に入り、多少ぬるめにしてゆっくりとつかることで、蒸気吸入の要領で末梢の血管まで十分に拡張させ、とにかく鼻を通す。そして上がった後、すかさず点鼻薬と飲み薬で鼻水を止め、落ち着いてからやっと出かけられるのだ。つまっている状態で薬だけ使ってもまったくダメなんである。おかげでこの時期は外出するのに1時間半はかかる。化粧の長い女性もかくやである。
 ところが、踏み台昇降を初めて10分もすると、いつのまにか鼻が通っている。運動で新陳代謝が活発になることと関係があるのだろうが、スッキリと鼻が開通し、この時期ずっとマヒしている嗅覚も少し戻ってくる(余談だがこの嗅覚がないおかげで、なにを食べてもうまくない)。あらかじめ薬を飲んでおいて、鼻が通ったところで点鼻薬を使ってやれば、かなり外出までの時間を短縮することが出来るようになった。
 ちなみに運動後、薬を使わずそのままにしておけば、ほんの5分ほどでまた鼻づまり鼻水ダラダラ状態に逆戻りである。運動をしている間はずっと快適な状態でいられるのだが、だからとって一日中踏み台昇降しているわけにはいかないしねぇ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.28

「パール・ハーバー」をちょっと見る

 TVをザッピングしていると、停泊中の軍艦の間を飛び抜けていく97艦攻の姿が。すかさず、あ、これは「パール・ハーバー」だな、といったらひゃい犬さんが驚いていた。だって、こんなクリアな画面で迷彩の考証間違ってる97艦攻が飛んでる映画なんて、ひとつしかないじゃない(^^;)
 途中からだったが、他に見たい番組もないのでしばらく観る。いやーこれ、ロードショーにいかなくてよかったわ。もし行ってたら入場料惜しさに悶絶するとこだった。フィクションとはいえ、あまりにもひどすぎますな。良いのは特撮だけ。その特撮もシーンによっては「ハワイ・マレー沖海戦」にすら劣るおもちゃっほい部分があったり(^^;)
 昔よくあったインディアンと騎兵隊の映画を、日本軍に置き換えただけね。見ていてどんどん腹立ってくるし。トラ・トラ・トラの爪の垢でも煎じて飲めといいたい。だいたい、日本を戦争に追い込んだのはそっちだろうに。結局最後まで見ないで風呂に入ってしまうのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.26

パブロフの犬(^^;)

♪しょ~こ~、しょ~こ~、しょこしょこしょ~こ~、ふ・み・だ・いしょ~こ~・・・

 20歳くらいの時に自己ベストである58キロを記録して以来、だいたい1年1キロくらいのペースで体重が増えている上、パソコンに向かっての座り仕事が多い関係でどうしても運動不足になる。といってもなにせ、ブログもまともに続かないくらい飽きっぽいわ、スポーツは大嫌いだわというヒトなので、なかなか効果的な運動法が見つけられなかったのだが、ある日友人がネットで見つけてきてくれたのがコレ。

 「アニメダイエット」

 よーするにアニメを見ながら踏み台昇降をするという単純なものなのだが、これがなかなかいい。なによりも運動中に退屈しないし、1番組25分×2で1セット、というのは運動量としてもちょうどいいカンジ。この飽きっぽいワタシがすでに1週間近く続いているんだから(爆)もっとも、最初のうちはAパートくらいでアゴが出ていたのだが・・・
 普段仕事をしているPCはTV兼用なので、仕事の合間、気分転換に手軽に出来るのもメリットだ。スポーツクラブとかだと、忙しい時には行ってられなくなるもんね。
 で、運動する時に見ているのが、録り溜めたまま見るヒマがなかった「宇宙のステルヴィア」。1日2話ずつ、すでに12話まで見終わったが、ちょっと困った現象が・・・
 アキバなんかでたまたまステルヴィアが放映されてたりすると、なーんだかその場で踏み台昇降したくなっちゃうのだ(おおわらい)逆に階段を登るとか、踏み台昇降的運動をすると、「しーぽん」(ヒロイン)の顏が浮かんでくるし(^^;)
ステルヴィアを全話見終わって、別のアニメ(なり特撮なり)に移行するとき、しばらくは違和感を感じることになるのは確実だ。
 ま、アニメなり特撮なりの在庫はまだよーけあるので、当分ネタ切れになる配だけはないんだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.24

朴訥なベース

 いかりや長介氏が亡くなった。葬儀の模様をTVで見つつ思い起こすのは、幼き日に見たレコードジャケットで、カウボーイの扮装をして腰のガンに手をヒクつかせていた氏の姿だ。
 母がカントリー&ウエスタン好きだったせいで、小さい頃から故ジミー時田さんの曲を聴いていたのだが、彼の「マウンテン・プレイボーイズ」というバンドにいかりや氏が参加していたのだ。(他にエレキの神様・寺内タケシ氏などがいた)
 後に「全員集合」を見ているとき、ドリフのリーダーの顔を見た母が、ああ、ジミーさんのバンドにいた人だわ、と教えてくれた。もちろんドリフのコントは大好きだったが、私はコメディアンとしての彼に触れる前に、ミュージシャンとしての彼を体験していたことになる。その後、ジミーさん自身も何度も全員集合にゲストとして出演しているのは、やはり昔のよしみ、というやつだったのだろうか?
 長い年月の間に、家にあったレコードはすり切れて聞けなくなり、ジャケットはどこかにいってしまったが、幸いにも8年ほど前に「日本のカントリー20」という企画版のCDが発売され、そのうちの何曲かは今でも聞くことができる。
 そのなかの1曲、幼いころからのお気に入りだった、「北風(NORTH WIND)」のイントロで、彼のベースソロが聞ける。派手さはないが、端正で真面目な、それでいてどこか朴訥なその音は、彼の人生を象徴するかのようだ。

 いかりやさん、どうぞ安らかに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.09

カスピ海の怪物

・・・ってそりゃ旧ソ連のWIG機だっちゅーの(^^;)

 カスピ海ヨーグルトが我が家にきたのは2、3年前だったと思う。牛乳と混ぜるだけでカンタンにヨーグルトが作れるということで、一時期大流行したヤツだ。今でも多くの家庭で作られていることと思う。

 ひゃい犬さんが友達からもらってきたのだが、最初に見たときは、ネトネトと気持ち悪く糸を引いて、匂いもあんまりよくないので「ミクロの侵略者」(笑)といって敬遠していた。よろこんで食べていたのはひゃい犬さんだけで、ワタシは市販のヨーグルトを食べていたのだが、ある日市販のものを切らしてしまい、しょうがなくカスピ海を食べることに。・・・やっぱりまずい。でも、砂糖やジャムなんかと一緒に食べればまぁ気にならないかな?でも、市販のほうがいいよなー、などと思っていると、身体に変化が・・・

 なーんと食べてから30分もしないうちに便意が。(すぐ下ネタに走るのがこのブログの特徴)前にも語ったように腸が丈夫でないヒトなので、このヨーグルトの整腸作用は非常に気に入ってしまい、味はさておき常食となって現在に至るわけだ。

 ところで、カスピ海ヨーグルト、WEB上などで見てみると、けっこー皆さん育てるのに失敗しているようで、やれ容器は完全消毒して、だとか、金属のスプーンは菌を殺すからダメだとか、非常に細かいことを言ってらっしゃる。ウチの場合、今まで失敗したのは暖かいところに置いた方がいいだろうと直射日光下に置いて、紫外線で殺菌してしまったこと(^^;)くらいで、まーあとはだいたいどんな適当にやっててもヨーグルトになるんですが?

 ウチで使ってるのは、ジップロックの500㏄位入るフリーザー容器(特売で安かったので)。この容器に賞味期限が近づいて半額セールで買ってきた牛乳をドバドバと注ぎ、電子レンジで2分ちょっと温める。これは、冷蔵庫から出したての牛乳だと、温度が低くて菌の繁殖に時間がかかるため。ここに大さじ半分くらいの種ヨーグルトを入れ、ペーパータオルと輪ゴムでフタをして(空気を通すため)、部屋のあったかいところに置いておくだけだ。夏なら数時間、冬でも長くて2日もあれば出来上がる。

 容器は毎回単に洗うだけで消毒なんざしてないし、牛乳も1、2日くらい賞味期限の切れたヤツも使ったことがあるが、別に今までトラブルになったことはない。そもそもこの種の乳酸菌は非常に繁殖作用が強いので、ほとんどの雑菌ははびこるスキがないのだ。なんて書いても、プリックな人には信じられないことなんだろーなー。友人に、食器棚に入れてあったコップに、洗わないでそのままジュースを注ぐだけで卒倒しそうになるヤツがいるが、みんな気にしすぎだっつーの。

 毎朝、大さじ2杯分くらいを冷凍ブルーベリーかジャムを入れて2人で食べているが、約10日で1リットルくらいのペースか。牛乳の銘柄はスーパーの半額セール次第(笑)だが、リッター400円くらいの高いジャージー牛乳なんかだと、それなりにコクのある味がする。知人のU氏などは、特売の安牛乳のほうがさらっとした味で好みとおっしゃる。

・・・・いや、別にオチはないんですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.08

お手伝い

 土曜日。久々にヒマになったので、知人の某カスタムカー(笑)の修復を手伝いに出かける。今から10年前に、とある特撮番組(って画像見ればバレバレだが)の登場車両を模してカスタムされたこのクルマ、元が50年代のアメ車ということもあって各部の傷みがはげしく、ここ1年半ほどは不動状態が続いていた。

 これではいけないということで、大枚はたいてエンジンやミッション、排気系などすべて取り替え、足回りなどもできるだけ手を入れたのだが、塗装はベース色であるシルバーまでプロが塗り、あとのストライプやロゴはDIYでやる、ということになった。この塗装の作業を手伝いに行ってきたのだ。

 千葉の某所にある修理工場のバックヤードに当日集まったのは、オーナーの知人と、TVチャンピオンにも出演したプロモデラーのN氏、そしてワタシ。このN氏が段ボール箱一杯分の資料を持ち込んで、ストライプの完全再現に萌え萌え。オーナー氏とワタシはほとんど何もしないうちにラインの位置決めが決まっていった。

 ところが、いざ塗装にかかろうとするあたりで無情の雨。10分ほどの距離にある屋根付きの作業場に移動して続けようという案もでたが、この日の午前中にブレーキのライニングを交換したばかりで、まだ調整ができていなクルマを自走させるのは危険との判断で、カッティングシートによるロゴ貼りのみを行って帰って来た。

 しかしこのクルマ、久々に間近で見たが、鉄板部分はまだしっかりしているものの、内装やモールなどはすでに化石と化しており(^^;)、雨が降ると窓の隙間から雨がジャバジャバ入る状態。しかも内装系の配線はまだ終わっておらず、イグニッションに至ってはF1なみにメインスイッチとスターターボタンの組み合わせ。(もちろん後付けである)どう見てもアクセサリースイッチとしか思えない、特徴ある気の狂ったシフトセレクターは、前席中央に新たに取り付けられた、レガシーのシフトセレクターに変更されている。これで番組内でのように、元のセレクターを煙幕発射装置のボタンなどに使うこともできるようになった(やらんだろうが)

 エンジンは新たに70年代初期の、ひとまわり小さなものに変えられ、排気系もワンオフで作り直し。50φ2本出しで、いい音がするんだ、これが。番組内でのイメージとはまるで異なるアメ車アメ車した音である。ぜひ皆さんも、一度生で聞いていただきたい。どこで?そりゃ、夏の有明とかでよ(爆)

p4.jpg

銀一色のまっさらな状態だと、特異な外観にもかかわらず非常に地味に見える。

p3.jpg

エンジンは’72年型シェビルのもの。元の392に対して350(5700cc)とやや小振り

p5.jpg

とりあえずロゴだけ貼って今回は終了

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »