« 「パール・ハーバー」をちょっと見る | Main | 磨くタイガーバーム? »

2004.03.29

有酸素運動と花粉症の関係

 先日も書いた「アニメダイエット」だが、運動不足解消と共にもうひとつ、副次的効果があることがわかってきた。鼻が通るのである。
 実はもう20年以上続くひどい花粉症で、いつもこの時期になると鼻がグズグスになる。両穴とも完全につまって息が苦しいところにもってきて、鼻水は容赦なくダラダラと流れ落ちるのだ。外出するときなどは大変である。そこらの買い物程度なら、鼻の穴にティッシュを詰めて、その上からマスクで隠して(みっともないからね)出かけられるのだが、長時間の外出の場合そうはいかない。
 まず湯気でもうもうとした風呂に入り、多少ぬるめにしてゆっくりとつかることで、蒸気吸入の要領で末梢の血管まで十分に拡張させ、とにかく鼻を通す。そして上がった後、すかさず点鼻薬と飲み薬で鼻水を止め、落ち着いてからやっと出かけられるのだ。つまっている状態で薬だけ使ってもまったくダメなんである。おかげでこの時期は外出するのに1時間半はかかる。化粧の長い女性もかくやである。
 ところが、踏み台昇降を初めて10分もすると、いつのまにか鼻が通っている。運動で新陳代謝が活発になることと関係があるのだろうが、スッキリと鼻が開通し、この時期ずっとマヒしている嗅覚も少し戻ってくる(余談だがこの嗅覚がないおかげで、なにを食べてもうまくない)。あらかじめ薬を飲んでおいて、鼻が通ったところで点鼻薬を使ってやれば、かなり外出までの時間を短縮することが出来るようになった。
 ちなみに運動後、薬を使わずそのままにしておけば、ほんの5分ほどでまた鼻づまり鼻水ダラダラ状態に逆戻りである。運動をしている間はずっと快適な状態でいられるのだが、だからとって一日中踏み台昇降しているわけにはいかないしねぇ(笑)

|

« 「パール・ハーバー」をちょっと見る | Main | 磨くタイガーバーム? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 有酸素運動と花粉症の関係:

« 「パール・ハーバー」をちょっと見る | Main | 磨くタイガーバーム? »