« おわた(笑) | Main | 茄子味噌チャーハン »

2004.08.30

ワンフェスと「世界の艦船」3と

 国際展示場駅はまだ小雨。途中の東上線人身事故の影響もあまりなかったようで、そう予定時間に遅れず現着。なんか、東館ではコミティアが行われているようで、結構人が多い。ビッグサイトへの連絡橋からゼリアのほうに曲がるカタチで長蛇の列。横目で見ながら会場へ。

 現地にはスペース責任者である「赤とんぼワークス」のKさん、おなじみイラストレーターのY氏が陣取り、他のメンバーもほぼそろっているよう。早速お店開き。ウチの売り物は「世界の艦船」の同人誌と「イラク派遣軽装甲機動車」とか、怪しいガラのTシャツ。サークルのメインであるガレージキットの新作、「ベル・アエラキューダ」はともかく、あとはTシャツやらイラストの原画やら同人誌やら、静岡展示会のNIFブース並みにまとまりがない(笑)今回、ミリタリー関係は一カ所集められている感じで、見える範囲に知り合いディーラーさん多数。挨拶して歩く。

 いざ開場! 某FM社の謝罪大王氏に頼まれた、35のクロスレー装甲車を買うべく、フェアリー企画のスペースへダッシュ。いや、となりの卓なんスけど(;´Д`)無事入手。あとはもう、お客さんを待って座ってるのみ。だいたい、ウチの売り物なんてのはひとわたりお目当てのものを買って、お金の余った人が落ち穂拾い的に買っていくものなので、始まってから数時間はヒマなのである。よそを見物に行こうにも、釣り銭以外現金ゼロの金欠状態。行けば欲しいものが山ほどで、釣り銭に手を付けるのが分かりきっているだけに出られない。

 仕方なくずっと座っていると、さすがワンフェス、いろんな知人に出会う。大半はNIF模型フォーラムと、加入している模型MLの方々である。こうしたイベントでしか顔を合わせない人も多く、うれしい限り。「アーマーモデリング」誌上で「ハラショー!T34」(通称ハラT)を連載中の、「つぁぎ青木」センセーは、静岡以来ですな。それにしても、この3週間、「コミケ」「船の科学館水ものフェスティバル」「ワンフェス」と、有明地区に通っていて、毎回会ってる人が5人以上いるんですが、これはどういうことですかね?(笑)

 タカラのAさんとは卓の向こうとこちらで立ち話。タカラのブースでは「世界の艦船3」が発表になっており、これでようやっと公にできるというわけで。ええ、今回も解説、やらせてもらってます。また、寒い時期の発売だと思いますが、皆様よろしくお願いいたしますm(__)m
 ちなみに、現段階で発表になっている(←ここミソ)アイテムは、

シュルクーフ(2種)
ガトー級(2種)
ミール(2種)
エクラノプランKM(2種)
Uボート21型(2種)

と、いったところ。どれもおすすめでっせー(笑)

 昼頃、「TEAMのうてんき」での友人Aki君来場。一渡り見たらコミティアへ行くそう。共通の友人であるこのみちゃんがサークル参加しているので、そちらに顔を出すとのことなので、よろしくと伝言する。ところが、出かけてしばらくすると戻ってきて、A04のある卓に行けとしつこく勧める。トイレついでにいってみるとビックリ。かつて我々がタミヤ耐久に参戦した、オリジナル製作の「紫電改」ボディが展示されているじゃあ~りませんか!! なんと我が「ピンクキャットレーシング」チームオーナーであり、漫画家の「あまみや淳子」先生が卓を出していたのだった。先生と会うのは昨冬のコミケ以来。余っていたボディ等を出品してみてるのだという。昨今のRC事情などを語り合ってしまった。

 お昼過ぎまでほとんど動かなかった売り物も同人誌は完売(とはいえ知人に配った分も多し)、Tシャツもそこそこ売れて、なんとかショバ代くらいは出た感じ。結局自分用にはなーんも買わずに帰るワンフェスなのであった。なんか、人に会いに行ったよーなもんだな。

 帰りはAki君の車に同乗してチームメイトのボールさんを拾い、何年かぶりで練馬の「満腹」へ。あいも変わらぬその量に轟沈であった。

|

« おわた(笑) | Main | 茄子味噌チャーハン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ワンフェスと「世界の艦船」3と:

« おわた(笑) | Main | 茄子味噌チャーハン »