« December 2004 | Main | February 2005 »

2005.01.12

はっぱ三昧(ゲームのネタばれはないよ、多分)

 このところ、すっかり「はっぱな作品」(リーフ/アクアプラスが発売する、
 いわゆるギャルゲー)にドップリとはまっている。

 年末の28日、秋葉に所用で出たついでに引き取ってきた「ToHeart2」(通称
東鳩2)。キャラデザが前作と変わってまったくイメージが違うが、前作と同
じ場所、同じ学校が舞台で、「緒方理奈」(WHITE ALBUMのヒロイン)がアイ
ドルとして存在している、そんな世界のお話。基本的には前作と直接的なつな
がりはない。

 ・・・ハッキリいって期待していなかった。前作のPC版をトコトンやり込ん
だ人間として(今でも「ブランニューハート」はソラで歌えるぞ(^^;))、前
作をしのぐ続編なし、という意識があった。どっちかというと、初回限定特別
版で同梱されている、前作ToHeartのPS2版(現在のところこのパックを買
うしか入手できない)が欲しくて購入したのが本当だ。

 しかし実際ゲームを始めてみると、思ったより全然いい。シナリオもそれな
りに煉れてるし、グラフィックの違和感もプレイしていると気にならなくなっ
てくる。なんかもー、この正月休みと連休を使って、一気にやりまくってしま
った上(当然、当初の予定だった「DVD見ながら模型製作三昧」はキャンセル
)、そのまま同梱の東鳩1までやり始める始末。コンシューマー版をプレイす
るのは初めてで、すごく新鮮な思いでプレイを楽しんだ。
うん、やっぱりこっちはこっちでいいよね。

 その攻略途中で思い出したのが、アニメ「ToHeart ~Remember my memories
~」。アニメのキャラデザが好きくないし、作画もけっこうガタガタで、何よ
りゲームの1年後という舞台設定が許せない思いでいたものだ(この気持ちは
実際ゲームをプレイしたことのある方にはわかっていただけると思う)。そん
なこんなで最初の3話くらいを見て、あまりノれずに後は録り溜めたままにな
っていた。

 だが、せっかくゲームをしていることでもあるしと、視聴を再開。すると中
盤から話がどんどん盛り上がること盛り上がること。「雫」「痕」といった、
過去の作品のキャラクターや舞台が登場し、8話あたりなぞ、はっぱなファン
なら特に涙なしでは見られない名エピソードとともに、マルチに搭載された感
情プログラムの秘密が明らかになる。後半は作画も安定してきて、特に目の感
じなんかが「痕」チックに変化して大好感(「痕」、好きなのよ)。

驚いたのは東鳩2のキャラクターまで出てきたこと。どうもこのアニメ、東鳩1と
2の間のミッシング・リングの役割を果たしているようだ。世間の評判が悪いア
ニメではあるが、東鳩ファンなら見てソンはないはず。あと1話、最終回が待
ち遠しい。

※BGM:リーフボーカルコレンション

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.01.11

LDをキャプチャする

 年末の片づけで、なんとかダイニングのAVラックのある部分に「たどりつ
ける」ようになったので、懸案だったAVアンプの配線替えを行う。最近、友
人からピクセラの「ビデオキャプチャーカード」を譲ってもらい、取り溜めて
きたビデオなどをデジタル化しつつあるのだが、今までは暫定的にビデオに直
結していたものを、AVアンプを通して配線し直した。これでLDからの信号
も面倒なくキャプチャできる。


 別に、LDをデジタル化して売っ払ってしまおうというのではなく、昔のL
Dが劣化が進み、ノイズだらけで視聴できなくなる前に、バックアップを作っ
ておこうということである。特に問題なのが、ゴダイゴファンのひゃい犬さん
が数年前にオークションで大枚はたいて(確か2枚で5万くらい)購入した、
「GODIEGO ON SILK ROAD」(ゴダイゴシルクロードを行く)という2枚の超レ
アモノLD。


 これは、1981年10月、パイオニアのレーザーディスクプレイヤーという
ものが初めて世に出たときに、一緒に発売された第一期のディスクシリーズで
あり、年数が経っている上に、まだディスク製造のノウハウが貯まりきってい
ない時期の製造のため、特に内部の腐食が進みやすいきらいがあるようだ。も
ちろん、とっくの昔に廃盤になっているので、問題があっても交換することも
できない。

 既に購入直後の視聴で、かなりのノイズが出ている部分があるという状態だ
ったので、なるべく外気に触れないように保存していたのだが、今回恐る恐る
取り出してかけてみると、やはり以前にくらべてノイズが増えている印象。場
面によっては画面全体にノイズがかぶる。しかし、まだ視聴不能というところ
までは行っていないので、カード側でノイズリダクションをONにしてキャプ
チャを試みる。


 AVラックにはTVとパソコンモニターが並んでおり、両方の画面が表示さ
れる(パソコン側はデジタル処理の関係でタイムラグが出る)のだが、その画
質のあまりの違いに愕然。LDオリジナルはやったら派手めなわりに、コント
ラストが強すぎて暗部がほとんどわからないような絵。それでも、砂漠の国の
原色ギラギラな空気感はよく出ている。対してパソコン側では、明度、彩度が
かなり押さえられ、色相もズレているのだが、コントラストが抑えられて暗部
のディテールまでよくわかる。3次元Y/C分離をオフにすると、色相のズレ
は抑えられるのだが、今度は色にじみがひどくなってしまうのだ。


 それよりも驚いたのが、ノイズリダクションの効果だ。画面一面にノイズが
乗ったような画面でも、たまにチカチカとノイズが出るくらいで、視聴にほと
んど問題ないくらいまで改善されていたのだ。デジタルってすごいなぁ。ただ
音声のノイズはどうにもならなかったけど。まぁ、生ファイル(MPEG2)
で取っとけばあとでどーとでも加工できるので、そのうち音声部分もなんとか
してやるつもりでいる。


 これで貴重な映像を保存できるめどがついたわけなんだが、そんなことして
るうちにDVDかなんかででちゃったりするんだよなー(^^;)
 

 *BGM:「万歳ヒットラー・ユーゲント」藤原義江

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.03

初詣もしてないのだが

 『のうてんき』な皆さんとの新年会のため、アキバに向かって進行中。本来、お昼ごろ到着を目標にしていたのだが、クルマのタイヤに空気入れたりしていたので遅くなってしまった。おまたせの皆さん、スマソm(__)m050103_1320001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.02

親父に電話する

 非常に久しぶりにマイパパに電話する。
元気そうでなにより。

毎日酒飲んでたらγGTPが下がったと大いばり。
同級生で天皇の治療もしたM本医師も不思議がってたそーな。
奥さん(再婚)も元気にビール飲んでるとのこと。

最近は赤ワインをよく飲むとのことで、
今度例のオージーワインでも持って行ってやろうかと企んでいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

きんがしんねん

あけましておめでとうございます>ALL
本年もよろしく。

えー、我が家の年末年始の模様をレポートしようかとも思いましたが、
ほとんど昨年と同じだったことに愕然として、レポートなし(笑)
え?手抜きだ?・・・仕方ないなぁ。

いやほんと、コミケのあとに北赤羽でカレー食って帰って、
大晦日はいつもの二人が泊まり掛けで遊びにきて、
それまでの間「特攻野郎Aチーム」のDVDを見てたことまでおんなじ(爆)
まぁ、去年が本国版字幕なしのセレクションだったのに対し、
ちゃんと日本放映版のDVD-BOXに進化している点が唯一の変化か(^^;)

その後、去年の萌えアニ鑑賞会から今年はさらに堕落し、
単に地上波のアホ番組を延々見ているだけというテイタラク。
夜も早めに寝ちゃったしね。

翌日もまたダラダラでゴロゴロして、
やっぱり「トリビア」のスペシャルを見て帰る二人。
おつかれさん~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »