« 静岡に行く(2)(長文注意) | Main | 模型フォーラム展示会は12/17、18日 »

2005.11.30

静岡に行く(3)

3日目

 昨日よりちょっと早く6:00起床。今日は宿をチェックアウトしなければならないので、クルマをそのままにしておけず、ツインメッセの駐車場に移す必要がある。満車で入れないで困ることがないよう、早めに朝食をとって荷物をまとめる。7:40くらいに出発。昨日、戦車戦でご一緒した白兎さんから、「意外と(駐車場が)空いていたよ」と聞いていたのだが、万一の事態もあり得る。石橋を叩いて渡る性格(ウソばっか)のワタシは、最悪駐車場が満車だった自体に備えて、地元のYさん(前出)宅近くに駐車させてもらえるようにお願いもしておいたのだが、杞憂に終わった。駐車場はぜんぜん余裕で、2Fの出入り口にいちばん近い場所をげと。

 昨日と同じあたりに行くと、すでに三々五々と戦車の皆さんが集まっている。まだRCカー世界戦の人たちも入場前で列を作っていたので、荷物を置いて弟子60さんとともに前出のNiCを探しにてけてけ。列の後ろの方で発見し、とりあえず激励。そうこうしているうちに選手の入場時間となり、正面入口からスタッフ総出の拍手に迎えられて入っていく選手たち。あ、我々戦車のほうはまだ待機。Oさんが持ってきてくれた「こんにゃく料理カレンダー」(ありがとうございました)で盛り上がっているうちにこちらも入場。

 参加者はだいたい昨日と同様だが、クリスタル戦車の"帝王"Kさんとお弟子さん(?)のPさんは昨日1日でお帰りになり、昨日夜に到着したX「師団長」さん、弟子60さん、そして岐阜から参加のデビジョンMの皆さんが参加。デビジョンMの皆さんはミスティという模型店に集まる常連さんとのこと。車体もかなり気合を入れて作り込んできており、特にスクラッチされたパンサー戦車は当然コンデレの第一候補だ。M60さんはスクラッチのSタンクをきれいに塗装まで済ませて持ち込んでおり、これも注目を集めていた。

 競技の方は昨日と同様のスケジュール。フリー時間になるべく練習して、少しでも手馴らしをと思ったが、対戦表を見てガクゼン。しょっぱなからK3さんと当たっていたorz 前日同様、胸を貸していただくような感じで、ずいぶんと気を遣って下さったようなのだが、やはりそこは実力の壁。ワタシの個人戦は開始2分ほどで終わりを告げたのであった。団体戦は同じくシュパーテンチームのオミソとして参戦。2戦ほどはなんか、遠くから射撃の機会をうかがっているうちに狙われて轟沈、という感じでまったくいいところがなく、しょんぼり。次は、これなら玉砕覚悟で出て行った方がいいと中央の川沿いまで進出し、なんとか数発を被弾させたものはやり早々と撃破されてしまった。練習が必要だよな~。チームの方は「師団長」X選手の参加で勢い付いたのか、3勝1敗となかなかいい成績。

 上位3チームがみんな3勝1敗だったので、優勝決定戦が行われたが、実力伯仲なだけにもつれにもつれ、最終的には各チーム1両ずつのバトルロイヤルまで行われた。ここでは我がチームのエース、白兎さんがプレッシャーからか早々に脱落、ディビジョンMチームのパンサー(このパンサー、見栄えだけでなく、ホントに半端じゃなく強かった)を強引に追い詰め、超接近戦でトドメを刺したK3さんが勝利を手にして、なんと浜松工作隊が2連覇という偉業をなし遂げたのであった。K3さんは個人戦の方でも大活躍で、まったく恐れ入谷の鬼子母神である。

 「元まるの」的に特筆しなきゃいかんのが、M60さんを始めとする小田原組の皆さん。今回、「小田原迷彩会」としてエントリーした彼ら、わざわざチームウェアも作ってきた。

oda

 オレンジの地に迷彩柄のチームロゴ。肩口のところには各自のパーソナルエンブレムが入っているという凝りよう。なんか、どっかの某チームみたい(笑)ちなみに弟子60さんの肩口には「炎」と記してあり、「ね、これナニから取ったかわかります?」と聞かれたので、間髪を入れず「・・・お前たち一人一人は小さな火だが、二人合わせて炎となれ!」と太田コーチの口調で言ってやりましたよ(^_^;) ・・・キミたち、「の」後継者・戦車版を名乗っていいよ(笑)

 優勝決定戦がおしてしまったため、今日はタイムトライアルはなし。それどころか表彰式の最中にすでに「蛍の光」が流れてくるような状況だったので、各人終了後は速攻で撤収せねばならず、参加者の皆さんとゆっくり話す時間もなくこちらも帰路に。帰りがけに電話が入り、Yさんが静岡名産のシラスと桜海老をお土産にくださるというので、インター前ロイホで合流。これでウチにお土産買っていかなくてすみます(爆)ありがたやありがたや。(いつもすみませぬ>Yさん)

 どうせすぐ帰っても渋滞だろうしと、ロイホで早飯食ってまったりしていると、サトちゃん、NiCほかRCW勢とばったり。なんでも、決勝は6位だったそうで、なかなかの好成績にびっくりである。NiCたちに労をねぎらってから高速へ。のんびり走って(中井で久しぶりにうどん食った)日付が変わった頃自宅到着。翌日の飯はシラス丼と桜海老づくしだったのはいうまでもない。

 以上、新米戦車長初参戦記は一巻の終わり。長文お付き合いありがとうございました。

|

« 静岡に行く(2)(長文注意) | Main | 模型フォーラム展示会は12/17、18日 »

Comments

お疲れサマー。

突然、トップを狙えをまだ見たことがない自分が、悲しくなってきたナリよ。

Posted by: kemeko | 2005.11.30 07:56 PM

ぶっつけ本番でも、メンバ次第で、そこそこ楽しめる訳だ(^^)。なんか楽しそうだねぇ。RCももう何年もやってないなぁ。

Posted by: べにぶた | 2005.12.02 10:32 PM

飛行機とかヘリとかやっていた人の方が、コントロールうまいかもです。

Posted by: いで | 2005.12.04 01:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 静岡に行く(3):

« 静岡に行く(2)(長文注意) | Main | 模型フォーラム展示会は12/17、18日 »