« July 2006 | Main | September 2006 »

2006.08.28

取材先で飛行機写真を撮る

日曜は船の科学館で取材と称して遊んでました(^_^;)

そっちのレポートについては某誌を見ていただくとして、
プールサイドから走航中の模型をアップで狙うために持って行った、
450㎜ズームで、ヒマな時間、上空を飛ぶ旅客機を狙ってみた。

まずはポケモンジェット。気付いたのが遅かったので、
旋回後半のショット。あまりいいアングルではないね。
Poke


次はJAL。777ですか。
元JASのA300だそうで。 さんくす>KWATっちん
Jal


ANAのジャンボ。夕暮だったのでちょっと細部が見にくい。
Ana


最後はAIR DO。これがいちばんよく撮れてる。壁紙、これにしよっかなぁ。
Airdo


| | Comments (10) | TrackBack (0)

WFで買ったもの

もう先々週になっちまいますが、
ワンフェスに行ってきたわけです。

で、唯一買ってきたもの。

Ketu


誰だよ勘違いしてるの(笑)

これは、GSIクレオス(ちゅーか旧グンゼ)のMrカラーのキャップ置きなのだ。


Ketu2

ほらね。


コレの情報を教えてくださったDr.スケベッチ、もといDr.スクラッチさん、
どうもありがとうございました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.08.19

ワンフェス行きます

・・・・多分(^_^;)

まぁ、今回は一般入場なので、午後くらいからゆるゆると。
C13-17「赤とんぼワークス」あたりでうだうだしてると思います。
ご用があるかたは携帯に連絡よろ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.08.17

まいった・・・

SF大会関係の20数年来の友人が、
この度めでたく年貢を納めることとなったのだが、
私ら夫婦は結婚披露パーティーの当日、折悪しく渡台中・・・・・

うーむ、どうしたものか。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2006.08.12

13日東Y32a「TOKYOサーキット」

わかる人だけわかればいーです(爆)

友人のサークルのお手伝い。
というか本人が所用で来られないので、現場総責任者でございます。
現地へお出掛けの"18才以上"の方(←ココ重要)、
お暇ならお立ち寄り下さいませ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2006.08.09

8月5日 XRBカップ&ファンミーティング

そして土曜日。
ヒロボーさんのインドアヘリ、X.R.Bのイベント取材で、
草加のネットワークスピードへ。
はい、あのおなじみのネットワークです。
なんでサーキットでインドアヘリ?とか思ったが、
要は遊休時間の有効利用なんだそうな。
だいたい、サーキットは土日が賑わうけど、
平日は夏休みなんかをのぞけば閑古鳥というところが多い。

これに対して、インドアヘリなんかはユーザー層に、
リタイヤしたシルバーエイジの割合が高く、平日に楽しむ人も多いそうで、
それならサーキットにヘリの練習場を併設してしまえ、ということらしい。
あ、サーキットで飛ばす、ってんじゃなくて、
ネットワークでは空いているショップ上のスペースを転用している。
10畳程度のスペースがあれば、ホバリング練習なんかはけっこうできるのだ。

メリットはまだあって、空モノは専用の周波数帯が割り当てられているため、
クルマとの混信問題がまずないってこと。
ヒロボーさんとしては、このネットワークをテストケースにして、
全国のインドアコースにこういったビジネスモデルを拡げたいとのこと。

今回はまず、この練習ルームを使って、ヒロボー社員がユーザーのヘリを調整、
指導してくれるファンミーティングと、サーキットの昼間営業を終えた後、
ナイトタイムを貸し切って行う競技会の2つが行われたんだが、
競技会のほうは「編集部対抗戦」なんてのがあるわけですな。
コレ聞いたのが、木曜日に編集部から帰って来てから。
頼みますよ、行ったときに言って下さいよそういうことは(泣)
全然飛ばしたことないのにどないせぇっていうんですか!

翌日に急遽宅急便で届いたヘリ。すでにイベント前日だよ。
完全完成モデルで、電池を充電するだけでフライトOKなのがせめてもの救い。
せめてホバリングだけでもできるようになろうと、
座卓の上で軽く浮かせてみたんだが、開始5分でローター折った・・・・orz
予備ローターが手違いで編集部から届いてなかったので、
そのまま現地へ持ち込み、ヒロボーさんに直してもらうことにする。

日中、ファンミーティングの合間に交換・調整をお願いし、
わずか2パックほどだったがインストラクターの指導も受けて、
10秒くらいなら浮いてられるようになった。
この状態で競技会へ突入。定点着陸やりぼんくぐり、コップ落としなど、
けっこー難しい障害物競走と、パイロン周回、
そして底面からブラ下げた重りを引きずりながらコースを走る周回レースと、
3種目が行われたのだが、障害物と周回はタイムアップ寸前ながら、
なんとか完走したものの、最後のコース周回でもんどりうって、
ローターをバラバラにしてリタイヤ(T_T)
それでもなんとかビケだけはまぬがれてひと安心。
Xrb


しかし、面白いわコレ。少しマジメに練習しようかな。
見学してたRCカーの仲間うちも、体験操縦でやらせてもらって評判上々でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月3日 京商マノイ発表会とモデギャ

先週木曜日は京商さんのマノイ(ヒューマノイドロボット)発表会を取材。
場所が有楽町のニッポン放送の地下ということで、
夢工場の時(古い話や)にいっぺん行ったのでわかるかと思いきや、
出口を間違える&案内板の不備もあって超迷う。
サイタマのど田舎に転居して十数年、すでにまったくの赤毛布である。
なんとか開始5分前に到着。
なんかもー、会場に陣取ってる取材陣は日刊工業新聞とかアスキーとか、
マスコミ~!!ってな感じの人ばっかりで、"記者会見"てこんななのねー。
このクソ暑いのにみんなスーツとか着てるしな。
内容は、最近ロボット連載もしてる自分的にはたいへん興味あるものだった。
詳しくはITメディアとかに記事があるから、そちらをどうぞ。
Manoi
編集部に顔出した後、池袋東武で行われている、
タミヤ・モデラーズギャラリー2006へ。
ニュース記事用に雰囲気写真を数枚取って引き上げ。
各RC専門誌の紹介・即売コーナーが設けられているんだが、
某誌は展示・即売ともになし。
特に即売については親会社を通さなきゃいけなくて、
ややこしいからやりたない、ってのはわかってんだけど、
やっぱりちょっと寂しいなぁ。
25mm

画像は展示されていた「男たちの大和」で使われた、
25mm三連装機銃の実物大プロップ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月30日 RCラリージャパン第4戦

ほんでもってアンヌさんトコ(謎)でやる二次会にも参加せず
(行きたかった)、電車で自宅に戻り、クルマに乗り換えて一路斑尾へ。
10万キロ越えでパワーのないぷーすけにムチ打って山道を登り、
なんとかその日のうちに到着。

翌日のRCラリージャパン第4戦は、久々に選手としても出場。
チーム員のOくんがクルマからなにから全部用意してくれていて、
本人は走らせるだけ、という"お殿様状態"。
そんでもロクな成績じゃなかったのはお約束(笑)
ゲストでいらっしゃっていた広坂パパと久しぶりにお会いする。
いやあいかわらずお元気そうであった。

Rj4


| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月29日 水ものOFF会

Moff


水ものOFF会は、テケトーに作ったRCボートが、
短縮されたコースにも助けられてなんとクラス優勝!
船外ボートもマーキュリー(小型船外機)クラスの3位という望外の好成績。
もっとも、RCボートはやっぱり未完成で、申し訳程度に上物をくっつけただけ、
しかもやっぱり喫水が深すぎて急機動をすると浸水するってな状態で、
勝てたのもほとんど運だけって感じ。速度も思ったほど速くなかったし。
船外ボートもシーペット自身の設計の優秀さに助けられての結果だから、
あんまりえばれない。
でも、うれしいから賞状を貼っちゃう(笑)
2image1


2image2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

おでかけ三昧の日々

ほぼ2週間のご無沙汰でした。

水ものOFF会の後、すぐRCラリージャパン第4戦にかけつけ、
次の週も京商のマノイ(ロボット)発表会と、
池袋東武のタミヤ・モデラーズギャラリー見学、
ほんでもってヒロボーのX.R.B(インドアヘリ)のミーティングと、
アッチコッチに出かけていたので、人間のほうの電池が切れた(^_^;)
以下、時系列順に簡単なレポートを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »