« July 2007 | Main | September 2007 »

2007.08.31

にょ〜。ワールドコン行きたいにょ〜

にょ〜。ワールドコン行きたいにょ〜
なんとか1日だけでも、とか思ってたんだけど、どうもダメっぽい。
ウチのこいつをニーヴンに会わせたかったんだが(^_^;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.08.26

イデ吉カップ

Ca340059

今日はRCラリージャパン最終戦・ターマックラウンドだ。
サポートイベントとして、タムギアのワイメイクレース、
「イデ吉カップ」が開催されるんだが、当の本人はフネカンの取材で参加できず(x_x)
(ピッチヒッターのサトちゃん、よろしくね)

お詫びの印というわけではないが、優勝者用賞品のTシャツとタテを作成、
参加する"まるの"なメンバーに持たせた。
タテはともかく、Tシャツはほとんどイヤガラセだよなぁ(^_^;)

参加者の皆さんのご健闘をお祈りします。


| | Comments (10) | TrackBack (0)

2007.08.20

有明大祭私的レポート

てなわけで、もう二日前になりますが、大祭3日目に参加してきました。
前日は売り物のTシャツ作りと同人誌作りでへろへろ。
夕方前に、同じく3日目に別ジャンルで参加している、
豊橋在住のおでりセンセが今晩泊まるためにやってきたんだが、
来てそうそう製本を手伝わせるし。
しかし、おでりセンセのおかげで夜前には売り物が完成、
珍しく徹夜することなくゆっくり寝れたのでしたん。

ところが、ゆっくり寝すぎておきられず(目覚ましかけそこなった)、
階下で寝ていたおでりセンセに電話で起こされる始末(^_^;)
バタバタで出発したが、必需品の中山式とカイロを忘れる(x_x)
道中は渋滞もなくスムーズ。西館の駐車場に到着して東館のおでりセンセと別れ、
売り物詰めたキャリーケース転がして自スペースへ。
今回はなんでかお誕生席。そんなに売れてるつもりはないんだが(^_^;)
すでに今回手伝っていただく画伯父子は到着しており、挨拶して設営開始。

今回おとなりになった「無能社」さんは、艦船関係でとても資料性の高い同人誌を、
毎回タダで! 配布しているという、非常に志の高いサークルさんなのだが、
前回頂いた本が、「海自潜水艦史」の解説の執筆に非常に役立ったので、
お礼を言いに行きたいと思っていたところ。
早速お礼を述べさせていただいたところ、「1カートン買いました」と。
わはー、ありがとうございますと最敬礼。

冬に発行された「シュナイダートロフィー・クロニクル」
(ワタシと画伯が寄稿している本)が、改訂新版となったので、
これの委託を受けに列3つほど向こうのまいなすさんのスペースへ。
あいさつしつつ受け取ってくる。
んなことやっているうちに開場。
画伯長男は午前中は東に、ワタシと画伯でまったりと。
開場ダッシュで人があふれるジャンルではないしね。

それでも、画伯のバインダー式戦車画集はそれなりに売れ、
初参加のご当人もホクホク顔。ワタシのTシャツと同人誌は、
まぁ予想通り(^_^;)
暑いし(東に比べればはるかにましだったようだが)だるいしで、
近所の2~3列を見て歩いただけで、ほとんど売り子に専念。

んで、スペースで定点観測していると、
いろんな知り合いが通りかかる(笑)
覚えている限りで列記していくと、
ワタさん
SO-122さん
赤とんぼワークスさん
むーさん
SARNINさん
○栄の○○さん
夜間飛行さん
なかさん
みほりさん
大井みなみ(黒)さん
大調整官さん
ジャンボ新河岸(仮名)さん
タムラさん
AKIさん
・・・忘れてる人もおおいかもしれん(^_^;)
モノを売りつけられたり押しつけられたりした方々、どうもすいませんm(__)m
SARNINさんと○栄の○○(匿名)さんには差し入れまで頂いてしまって感謝感謝。

そんなこんなで閉場時間。帰りもおでりセンセのクロミ様ボルボで快適に帰宅、
カレー食ってスパ銭行って、長~い1日が終わったのでした。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2007.08.19

有明、おつかれさまでした。

夏の大祭にご参加の皆様、おつかれさまでした。
なんとか無事に帰還しました。

会場でお買い上げの皆様、ありがとうございます。

疲れたので、今日はもう寝ます・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.08.17

日曜は西ひ-08aにいます

Ca340058_3

本日より始まった有明ヲタクの大祭ですが、
例によって三日目、メカ・ミリタリーの分野で参加しております。

今回は、「世界の艦船」や各社プラモ等のパッケージアート や、
雑誌「パンツァー」「ミリタリークラシック」でおなじみの、
吉原幹也画伯がスペースにおります。
サインとかねだると喜びますよ(^_^;)
ユニークなバインダー式戦車画集「世界のAFV」も販売します。
新作は英仏伊編ですよ~。

ワタシの新刊はタカラトミー世界の艦船シリーズ、
「海上自衛隊潜水艦建造史」の解説本です。
ページプリンタによるオンデマンド印刷&自家製版(藁
A4・ページ数未定(まだレイアウトしてないんだよ)。
価格:たぶん200円

まぁ、いつものやつです。

このほか、Tシャツも新作を持っていきます。
イラストはいつもの吉原画伯ではなく、
ウチの専属デザイナー、ひゃい犬さんが、
渾身の力をこめていーかげんにデッチあげたもの(^_^;)
なんで、ちょっとあんまりおすすめしにくいんですが、
ミリネタ、模型ネタ、PCネタ、特撮ネタ(!?)など。
全5種類くらいかな?
価格は、たぶん1500円のはず。
サイズはMとLです。


現地にいらっしゃる方はぜひ、お立ち寄りください。


| | Comments (8) | TrackBack (1)

2007.08.16

40度超えたよorz

40度超えたよorz
人間、暑過ぎると、気持ち悪くて水も飲みたくなくなるのな。
……いや、もちろん無理して飲んだけど。だる〜くなってきたら塩分不足だからすぐ塩を舐めること。
お年寄りは命の危険があるわ……

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2007.08.14

手記をいただく

 一昨年のこの時期、終戦前、家族が現在の北朝鮮の「雄基」というところで生活していたことなどを記した、ソ連参戦記念日というタイトルの記事を書いたことがあった。今年の5月になって、同じく雄基にいらしたお父上を持つ「りち」さんがこの記事を検索で発見され、コメントを頂いていたのを、このブログをよく見ている方ならご存知だろう。

 実はその後もメールでのやりとりが続いていたのだが、その中で、お父上とうちの母親が同級生であり、しかもとても親しい間柄だったことが判明した。お父上が、当時の同級生の女生徒の中で、唯一名前を覚えていたのがうちの母親だったというのである。おてんばな我が母の遊び友達だったらしい。

 確認の意味で、唯一残っていた当時の母と祖父が一緒に写っている写真(ほとんどの荷物は引き揚げ時に散逸している)をスキャンして送り、見てもらったところ、間違いないとのこと。写真ではあったが、実に62年ぶりの再会であった。ネットのすごさを感じるのはこういう時である。

 お父上は、終戦の混乱の中で幼い妹弟やご母堂を亡くされ、筆舌に尽くしがたいほどのご苦労をされたが、強制労働から帰された父親と運命的な再会をしたことで、なんとか内地に引き上げてこられたとのこと。
 こうした当時の体験と、墓参の意味で旅行されたという板門店への訪問記を一冊にまとめた私家版の本が、本日、我が家に届けられた。あとがきには母のことも書いて下さっており、読んでいて感無量だった。早速、本は仏壇に供えさせていただいた。お送りくださった「りち」さんには大変感謝するとともに、お父上の末永いご健勝をお祈り申し上げたい。

 
 不摂生のあげく、70にもならずに逝った母。あんたがもう少しがんばっていれば、直接再会を喜び合うこともできたんだよと、仏前に焼香しつつやりきれない思いも感じていた。


明日は62回目の終戦記念日だ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2007.08.13

WFで買ったもの2

WFで買ったもの2
こっちは144の飛行機キット。スイートさんでとらまえムスタングを買ったら、紙でコロコロさんのブーメランが飾ってあったので、杉田さんに場所を聞いて買いに行く。魅力的なアイテムがいっぱいで迷ったが、結局画像の3機を購入。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

WFで買ったもの1

WFで買ったもの1
昨日はワンフェスに午後からちりっと。
じゅんちゃん先生のスペースでぱにぽにのマスコットフィギュアを発見。箱買いしてしまいました(笑)
あんまり出来はよくないけど、まぁいいや(^_^;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.08.09

38度超えた(+_+)

38度超えた(+_+)
オマケに光化学スモッグ注意報まで発令されちゃって、この状態で窓を閉めろというのか〜(+_+)

| | Comments (13) | TrackBack (0)

病気ってワケじゃない

病気ってワケじゃない
たまに真面目なエントリーを上げた後でなんだが、これ、今の室温(+_+)
あ、また上がって37度になった。頭がクラクラして仕事にならんわ……

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブリキのスープ

キャベツのいちばん外側の青い部分、そして中の芯の部分。
これを塩で煮て食べてみてほしい。
多分、とても食べられたものではないはずだ。
しかし、かつてソ連に抑留された人々はこんなものを主食に、
過酷な強制労働をさせられていたのである。
私の祖父もそのひとりだった。
そんなことを思い出す今日は8月9日、
長崎原爆忌であると同時にソ連参戦記念日である。

4年間の抑留の末、なんとか帰国を果たした祖父。
恐らく収容所では筆舌に尽くしがたい体験をしたに違いないのだが、
家族に語ったのは食事に関する話ばかりだった。
(それだけ他に楽しみがなかった、ということなのだろうが)
冒頭のキャベツのスープを硬くて味がないことから、
「ブリキのスープ」と呼んでいたこと、
またこうした食事面での虐待が目立たないよう、
帰国が決まった人々にはジャガイモを食べさせ、
栄養状態を改善してから帰国させたこと、
引揚船で日本の港に着いたとき、
八百屋の店先に並んでいたキュウリを先を争うように買い、
「日本の味がする」と涙ぐみながらかじったことなどを、
ユーモアを交えながら語ってくれたという。

そんな祖父も帰国してから15年ほどで亡くなり、
私自身は、幼児期の数年間しか一緒にいられなかった。
わずかな想い出の中では、とても優しい祖父であった。
祖父の命日は8月19日。
毎年、8月はあの戦争のことと共に、祖父のことを思い出すのである。


長崎の被爆者の方々に黙祷を捧げつつ   いでら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.08

ひぎゃ〜

ひぎゃ〜
友人からもらったひぎゃ〜を飾ってみた。
後ろのほうがごちゃごちゃしてるな……

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.08.05

モデギャにて

モデギャにて
某誌と某誌の展示コーナー。
とこや3とにっしーが揃い踏みでワロタ(^_^;)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2007.08.04

もぎお

もぎお05メト口12


というわけで、明日は池袋東武でやっているタミヤモデラーズギャラリーに出かけてきます。

お近くの方はぜひ。会場限定品なんかもあるらしいですぜ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »