« September 2007 | Main | November 2007 »

2007.10.28

一人ZABADAK祭、絶賛開催中(^_^;)

 ニコ動で初音ミクの歌う「遠い音楽」を聴いて、急にザバダックが聴きたくなった。ずーっと昔にmp3化した記憶はあるんだけど、どっかに行ってしまって見つからないので、せっかくマシンも高速化したんだし、というわけで、CD棚からありったけのアルバムを引っ張り出してきてmp3化しつつ聴いている(携帯プレーヤーにも入れるからね)。mixiに入れる人はワタシのミュージック欄を見てみると、どういう状態かよくわかるはず。

 上野洋子がいた初期から、"のれんわけ"後、そして昨年の20th記念アルバムまで、全部で10数枚。実は2枚ダブって買ってるのがあるのを今さら発見したりした。いろいろご意見もあろうが、ワタシゃやはり初期の洋子さんがいるころのアルバムが好きだ。今回のキッカケとなった「遠い音楽」、軽快で楽しい「私は羊」、ユニークで壮大なファンタジー「わにのゆめ」、涙が出るほど素敵なラブソング「小さい宇宙」等、佳曲が多い。

 同じ曲が複数のアルバムに収録されてるんだが、微妙にアレンジが違っていたりして飽きさせない。・・・というわけで、昨夜よりひとりザバダック祭を絶賛開催中なのです。全部聴き終わったら、続いて吉良氏のアレンジしたアニメ曲、なんてのもいいかもしれん。

 実は吉良氏はアレンジャーとしても活動していて、たとえば、マクロス7のCDとして出た"ミレーヌ・ジーナス シングス リン・ミンメイ"というアルバムがあるのだが、「やさしさSAYONARA」など、数曲にアレンジャーとして参加しているのだ(ギターやシンセも演奏してるけど)。これがまた原曲とはまた違った世界が展開されていて、マクロスもザバダックも両方知ってる人ならニヤリとすること請け合い。おしむらくはボーカルにもちっと歌唱力があれば・・・まぁこれは言っても仕方ないか(^_^;)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007.10.17

スキャナの件、解決!

たーくんのコメントにもあったように、ちょっと2910の故障が疑われたので、ウチに別のSCSIカードがないかとジャンク箱をひっくり返してみる。まず出てきたのはCOMPAQ鯖の純正部品だったULTRA-SCSIのカード。とっても速いしトラブルも少なそうなんだけど、だいたいスキャナにはそんなに速度いらんわな。しかも変換コネクタがないときたもんだ。そんなわけでボツ。

次に見つけたのがTekramのDC-390。古いよなぁ。これでもいいかな?とも思ったんだが、Tekramには昔トラブルで痛い目にあってるから、イマイチ信頼度が・・・。もっとないかとほじくり返すと、メルコのIFC-DPというのが出てきた。確か、中身はAMDかなんかだったはず。Win98時代にずっと使っていて、特に問題も起こさなかったのを思い出し、ちょっとこれで試すことに。

まずは動作確認ということで、2910をすっこ抜いて取り付け。ほっぽりっ放しで端子とか接触不良が心配だったが、一発でBIOS起動画面が出てきてひと安心。しかし、BIOSのコピーライト表示が1997年だよ。ちょうど10年前。長持ちなパーツだこと・・・ってスキャナも同じくらいの老齢だけど(笑)ドライバはメルコのサイトに探しに行ったのだが、Win2000の段階でOS付属ドライバ、つまり自動認識したまま使ってね、ということになっており、そもそもXP自体を正式サポートしてないのだが(そりゃ10年前のカードだしな)、まぁ問題なく認識してるのでいいことにした。それじゃ、というわけで、スキャナを接続、スイッチを入れた状態で再起動。これでまたXPが止まるようなら、2910は無実ってことになるんだが・・・。

・・・なんか、無事起動してしまいました(^^;)

ということで2910は廃棄決定。せっかくジャンク屋で980円で買ってきたのに(←それがイカン、それが)。ただ、このカードは元々こんぱQの組み込み用で、外部コネクタが出てないのをムリヤリ外出ししてるから、ケーブルとかそのへんの問題かもしれん。まぁ、このスキャナ以外、ウチにもSCSI機器は大して残ってないので、もう使うこともないでしょう。

XPが固まらずにOKということになると、今度はスキャナ自体のセッティングだ。友人のK君に教えてもらったこちらのブログによると、メモリが512MB以上搭載されている場合にはエラーが出てしまうということだが、なんとシャープさんが修正パッチを用意してくれていた。ドライバ自体はすでに自分で持っていた(最新が2001年だ)のでまずインストールし、その後に修正パッチを落としてきて当てる。これでいいはず。

さーて、最後の問題。ASPIをどうするかだ。ADAPTECのカードを使うつもりで同社のASPIを落としてきたが、果たしてこれがIFC-DPでも動くものなのか? 前回のトラブルはどうやら濡れ衣だったらしいし、まぁもしダメだったら、Win98からMS純正のでも引っこ抜くか、とまた懲りずにADAPTECのASPIを入れてみる。再起動して何も変わったことのないのを確認後、使い慣れた画像レタッチソフト(JTrim)をインストールし、"TWAIN機器からの入力"を選択。おっ、出た出たおなじみニャンコのアイコン(SHARP_TWAIN3のトレードマーク)! 実際にスキャンして、問題なく使えることを確認。OSにはドライバがないよ、と言われて、デバドラのところにはびっくりマークがついてるけど、このへんは98時代からの現象。動いてるんなら気にしなくてOKだ。   ・・・・ふー。


どうやらこれで98マシンをお役御免にできそうだ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2007.10.15

ほぼ移行終了・・・だけど(トホホ病・その6)

前回より間が空いてしまったのは、
ホビーショーとか宴会とか徹カラとかという行事が重なったためでした(笑)
体力なくなったなぁ・・・・。


OSが安定して起動するところまで行ったので、次はアプリケーションやユーザーデータの移行処置。旧マシンを立ち上げ、ネットでググりながらメーラーの内容やIEとオペラのブックマーク等を移行。そんなに苦労することもなく成功。でも、ブックマークの順番とかまでは保持してくれないので、結局編集に時間をとられることになる。

次はキーボードドライバーの変更だ。ワタシゃ20年やってていまだにブラインドタッチ(言葉狩り反対!)が出来ないヘタレ親指シフターなので、キーボードを親指キーボードに変更しなくてはならない。今までのマシンでは、Japanistという富士通製のFEP、じゃねぇやIMEを使っていたのだが、ディスクがどこ探しても見あたらな~い(泣)しょうがないので、腐れたMSのIMEで急場をしのぐことにする。

オマケのIMEで親指キーボードを使うためには、サニコンさんという会社が無償で提供してくれている、ドライバソフトを入れる必要がある。一応持っているんだけど、今回XPになったということで、親指コンソーシアム経由で最新版を探しに行く。・・・・バージョン上がってなかったよorz・・・でも、XPでの動作確認が済んでるということなので、気にせず使うことにする。最初、標準の109ボードのままでドライバだけ更新したら、キーボードが反応しなくなった(--;) 親指ボードにしたら問題なく動いてひと安心。むー、それにしても辞書がバカで使いにくいな。Japanistは携帯電話の日本語変換システムのように、字を入れていくとそれを使った候補が表示される方式で、これに慣れてしまっているということもあるんだけど。なるべく早くJapanist買ってこなきゃなぁ。

やっとネットが出来て文字が打てる環境になったので、身内のBBSでマシン換装報告をして、常用アプリのセットアップにとりかかる。OpenOffice、エディタ、圧縮/解凍ツール、画像関係、音楽関係・・・けっこーあるな。まぁ、このへんは特に問題なく。まだ全部は入れてないけど、使用頻度の低いものは必要になったらインストールすればいいし。

最後にスキャナを使うためのセットアップ。ウチのはいまだにSCSIのヤツなので、ASPIを入れないと動かない。今まではスキャナだけのために98マシンを1台稼動させていたのだが、いい機会なので統合してみようと思ったのだ。

ADAPTECのサイトからXP用のASPIを落としてきて、コマンドラインからインストール。いったん電源を落とし、PC本体に取り付け済みのAHA2910(古っ!)からSHARPのJX-250へケーブルをつないで電源ON。

     ・・・・・・XPが初期画面で止まるよママン・・・orz

再起動して、もう一度正常起動を試みるがダメ、続いてF8押して立ち上げ、前回正常起動時の構成での起動を試すもやはりダメ、仕方がないとスキャナの電源を切り、SCSIケーブルを引っこ抜いて起動、セーフモードでやっとこ上がる。ここでXPの特徴でもある"システムの復元"のダイヤログが現れたので試してみるとASPIをインストールする直前の状態に復元することができた。まったく面倒が多いなぁ。

切り分けのために、ASPIが入ってない状態でスキャナだけつないで電源ON。そしたらやっぱりXPが止まる・・・・・ どーもこのPCはスキャナにつながりたくないらしい。うーむ、困ったの~。やっぱりまだしばらくはスキャナ専用98PCに活躍してもらうことにしようか・・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2007.10.10

心臓に悪い(トホホ病・その5)

なんとかHDDとカードドライブスロットのセットも終わり、懸案のBIOSアップデートである。

ASUSのサイトから最新のBIOSをダウンロードし、書き換えの手順を調べてみた。MB付属のマニュアルにはCD-Rを使ってWindows上から書き換える方法も載っているのだが、サイトのほうにはFDを使用するやり方しか載っておらず、やはり安全性を考えるとFDを使う方がいいという結論に。面倒だがFDDを装着することにした。

ジャンクパーツの中から動きそうなFDDを探し、配線の束をかき分けるようにしてスロットに突っ込み、装着完了。幸い故障もしておらず無事に動いてくれた。

ASUSのサイトのドキュメントは直訳調であっさりしたものであり、ちょっと不安だったのでググって同じモデルの体験談を探す。すると、ブログ「尚電邦楽」さんが同一の問題でBIOSアップデートした体験を掲載されていたので、これを参考にさせていただくことにした。

FDからBIOSをアップデートする場合、基本はFDで起動ディスクを作って新しいBIOS自体とセットアップユーティリティを入れ、ここから起動すればいいのだが、尚電邦楽さんによると、BIOS自体とセットアップユーティリティを入れると、FDの容量をオーバーしてしまうそうで、必然的にMB上に載っているEZ Flash 2というBIOS書き換えツールを使って書き換えることになった。

起動時にALT+F2を押しておくとメニュー画面になるのだが、キー操作をしてからの反応がやたら遅く、どこかおかしいんじゃないかと思ったほど。それでもそのうちにFD上のファイルを認識してくれたので、ドキドキしながらリターンキーを押して書き換えを開始。実は今まで、ワタシゃ書き換えのときに2回もBIOSを吹っ飛ばしてオシャカにしてるのよ(^_^;)

画面上ではファイルチェック・元BIOSの消去、新BIOSの書き換えと順調に進行。無事完了!のメッセージがでて5秒後に自動的にリブートがかかってしまったので、あわててFDを取り出す。すると、今までみたことの無いAMIBIOSのメニューが立ち上がった。色々書いてあるが、下の方にあったBIOSセットアップにいくを選択すると、いつものBIOS画面に。これでひと安心である。

設定を確認し、F10でセーブして再起動。お、「Intel CPU ucode loading error Press F1 to Resume」の警告は出ない。BIOSのアップデートはOKのようだ。

・・・・と思ったらXPが立ち上がらないよママン・・・orz
ブラックアウトにプロンプトのみ・・・
目の前真っ暗、心臓ばくばく。あー2万ナンボが・・・・
BIOSの書き換え失敗例を血眼でググってチェック。

              同じ症状がな~い!

ここでちょっと落ち着いて再度BIOSセットアップに入り、もう一度こまかく設定をチェック。ブートはちゃんとシステムのHDDになってるんだがなぁ。あ、HDDドライブの優先度の項目で、S-ATAのデータドライブが1stドライブになってる。もしかしてこれか?優先をシステム入ってるIDEにして再起動。

・・・・・・

やたー!XPまで行った!!


やれやれ、とっても心臓に悪いです・・・。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2007.10.08

遠い空の向こう(トホホ病・その4)

えー、PC組み立ては続いてます(^_^;)
面倒なのでやった作業を順に説明すると・・・

フロントパネルを追加し、ケーブル配線が多くてヤになる。

BIOS立ち上げると「Intel CPU ucode loading error Press F1 to Resume」とエラーが出る。ググッて新CPU未対応のせいと判明。アップデート必要だが、FDDを付けてないので面倒。とりあえずF1押せば進むので、とりあえずOS入れてから対処。

OS入れるとドライブレターがHドライブに。フロントパネルのカードドライブスロットがいけないっぽい。途中で中止しようとしてもレジュームされちゃう。しょうがないのでWin2000で領域開放。フロントパネルのカードドライブスロットへの配線を外し、HDD1個とDVDドライブだけにして再度インストール。

比較的スムーズにOSが入る。まだネットワークも確立してないのにアクティベーションに行こうとするのを叱りつけて(笑)、MB付属のドライバCDを入れようとするが、おまかせインストールが途中で止まって進まない。調べるとドライバのひとつが最低SP1当たってないと入らないことが判明。

とりあえずLANドライバだけ単独でセットアップしてWindowsUpdateへ。何度もうざいWindowsUpdate自体のアップデートを耐え、重要な更新をダウンロード。またこれが多く長い。ところがSP1はここにはなく、またもう一回。再起動してSP1があたってることを確認、残っているドライバをインストール。まーだ要更新のアイコン出てるけど、とりあえず無視。

クソ重い標準スキンを切ってクラシックにして、アンチウィルス&スパイウェアを導入(なんてすでにスパイウェアが6つもひっかかるのよ?)次にファイアウォールソフトを入れる。使っているソフトが新版になってたので入れたら、ファイルの大きさが2倍以上になってて驚く。ま、とりあえず入れて、家庭内LANの設定でひゃい犬さんを巻き込みハマる。

一応PCのセキュリティが確保されたので、ほっといた更新のお知らせをクリック、するとまた山のような更新ファイルが・・・。これらをダウン&インストールして、やっとほぼ基本的なシステムの設定は終了。

次はデータドライブ用HDDを接続、フォーマット。

いまここ。


ここまでで3連休が終了してしまったよ(T_T)
いつになったらミクタソと戯れられるんだorz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.06

挫折 (トホホ病・その3)

 買ってきたケースは、激安のわりに基本的にはしっかりしており、
サイドパネルのチリもきっちりしてるなど、なかなかのスグレモノ。
特に3.5インチベイの前にある12cmファンは、HDDをガンガン冷やしてくれるし、
リヤには8cm×2、サイドにはCPUへのダクト付き8cmがそれぞれ装着可能で、
焦熱地獄となるこの地域にはありがたい。

 で、これにそのままニューマシンを組めばいいものを、
ワタシゃ旧マシンの内臓を、そっくりそのまま移植することにした。
だってパステル調のデザインがブラックベゼルのDVDドライブとかに合わないんだもん。

 移植自体は問題なくうまくいき、元からある筐体にニューマシンを組もうとして、
やっぱりこの筐体、ちょっと冷却が足らないんじゃないかと思い始める。
昔のハコなので、フロントのファンからの風が3.5インチベイの下を通り、
HDDを冷やしてくれないのだ。

 今までこれで大丈夫だったんだから気にしなくてもいいのかもしれないが、
一旦気になりだすと我慢できない。特に新ケースのほうの冷却が非常に良好なので、
よけい比較してしまうのだ。

 HDDを冷やせないかと、FDDのスペースを利用して8cmファンを増設を計画、
ノコやニッパーでフロントパネルなんかを加工していると、
だんだん面倒くさくなってきた(^_^;)

 やっぱり新しいケースに組み込もうかと考えたが、
そっちはすでに旧マシンを移植ずみ。もう一度内臓をスワップするのは手間である。
いっそ、アキバで同じケースをもう1個買ってこようかとも思ったが、
それもお金がかかるので断念。

 結局、手間だけど旧マシンの内臓を元の古いケースに戻すことに決定、
さっきまでその作業をやっていた。
このドタバタでまるまる1日以上の時間を空費。まさにトホホである。
最初から新ケースでニューマシンを組んでいれば、
まったくしなくてもよかった回り道だった。あ~あ(^_^;)(^_^;)

 明日こそちゃんとニューマシンを組み立て・・・られるといいなぁ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007.10.05

トホホ病は伝染する! その2

Ca340093001


 本当なら土曜日にしようと思っていたのだが、今日、多少時間に余裕ができたのでアキバへごー!まっすぐゴー!(何か違う)

 目的はもちろん先のリベンジというか、やっぱり必要かも?と考えた新しいケースと、ちょっと高めでマトモな電源、それにケースファンといったところ。見通しの甘さと「トホホ病」のせい(^_^;)で、思いっきり二度手間である。(アキバまで往復2500円ほどかかるのよ)

 到着したら早速チチブの裏道に。めぼしい店をしらみつぶしで価格やらなんやらをチェック。結局、電源を一緒に買うとケースは1000円引き、というセールをやっていたフリージアで、白地にオレンジのパステル調ミニタワーを購入。1000円引きでのオネダン、なんと1800円ナリ(爆笑) 電源は500Wで6000円ほどの、「赤い彗静」というヤツ。マトモなものを買いにいったはずなのに、やっぱりネタが入ってしまった(^_^;)(^_^;)

 あとはドスパラで激安の静音ファンをげとして買い物終了。持参したキャリーカートにくくりつけ、すたこらさっさとアキバを後にしたのであった。

 今回は買い物ばかりになっちゃったけど、この先どのようにトホホ病が進行していくか。乞うご期待! (^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.04

ちょっと痛車化?(笑)

Ca340092

リヤゲートの窓に貼った"まるちぃ~"なステッカーがボロボロになってきたので、
友人に頼んで作ってもらった、最近気に入ってるデザインのものに新調。

でも、アニメはついこの間終わっちゃったんだよね・・・。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

トホホ病は伝染する! たぶんその1

Ca340090


 ここ2カ月ほど、PC自作派が主にかかる恐ろしい病気(笑)、
"トホホ病"に、友人のおでりセンセが悩まされていた。
それも超がつくほど症状が重いヤツだ。
あーでもないこーでもないとパーツを換えまくり、
余りでもう一台組んじゃったくらいの大騒動の末、
やっとメモリの相性だったという原因にたどり着いた。
こちらも電話で何度か無責任にアドバイスをしていたのだが、
どうもこのトホホ病、伝染するらしい。

 前の書き込みで購入してきたPCパーツ類。
今使っているブラックフェイスのケースが気に入ってるので、
(といってもジャンクで980円だったんだが)
これを活かしつつ中身を一新してやろうという計画だった。
まぁドンガラ以外はほぼすべてのパーツが変わるので、
伊戦艦、コンテ・ディ・カブール級なみの大改装プランである。

 とはいえ、いきなり全とっかえは色んな意味でデンジャラスなので、
まずは第一次改装として電源と静音ファン、そしてDVDドライブを交換、
しばらく外していたSCSIカードを取り付けてみた。
トラブルその1は、マザーへの電源コネクタ取り付けで起こった。
ピンが1本折れ曲がってうまく刺さらない。
まぁこれは、精密ドライバーでウリウリと曲がりを直してクリア。
さすがに400Wで1280円の電源は出来が悪い(^_^;)

 そんなこんなで火入れ。BIOSまでは問題なし。
ところがWindows2000が立ち上がり、
新しいハードを自動認識してドライバを探しに行くんだけど、
ドライバのインストールファイルがない、との表示が出て進まない。
新しく入れたパーツを一個一個抜いてみたり、
ドライバの入れ方を変えてみたりしても結果は同じ。
どーやってもだめ。
おまけにキャンセルで立ち上げても突然フリーズしたり・・・。
どうも、OSがぶっこわれてるくさい。
改装直前にASPIを入れたんだが、それが原因てことはないよなぁ。

 結局、全部を改装前に戻したことで安定動作が復活。
もしかしたら、もうすぐお払い箱になることを知ってマシンが拗ねたのかも。
これは、当初の予定を変更してニューマシンは別に組んだ方がいいのかもしれん。
といっても、このケースは気に入ってるしなぁ。
静音ファンも組み込んじゃったし。 うーんうーんうーん・・・。


待て、次号!(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »