« 台湾旅行顛末記・承前 | Main | 台湾旅行顛末記2/26・基隆で練習艦隊見学 »

2008.03.02

台湾旅行顛末記 2/25

 仕事に出るひゃい犬さんと一緒に家を出て、坂戸駅より8:00発の高速バスで空港へ。時間までロビーのカフェでぼーっとする。
 トイレでなかさんとハチ合わせ。一緒に集合場所へ。すでにほとんどの人が到着していた。私はお土産が入れる都合で、13年前に最初の訪台時に環亜百貨で買った、デカい布貼りのスーツケース。なかさんは向こうで模型を買う気まんまん、特大サイズ。艦長はレンタル屋で借りたら大型しかなかったと、私と同じくらいのもの。同じく、でかケースにお土産いっぱいの茶処さん。ごく普通の大きさの駅員さん、旅慣れたおじさんは、機内持ち込みの小型サイズ1個と、同じところに同じ期間出かけるのに、荷物も各人各様で面白い。
 指紋認証のおかげでスパッと出国手続きを済ませ(実は一般の方も全然混んでなかったんだけどさ)、エバー(長榮航空)BR2197便はほぼ定刻で出発。最初はと座席のモニターで飛行地点を見たりしていたが、機内食を食べたあたりから眠くなり、ウトウト。17:00位に着。アプローチに入ってからがちょっと長い気はしたものの、ほとんどショックのないうまい着陸だった。
 入国審査もすんなり終えて、さぁリムジンバス乗り場へ・・・と思ったら、約1名足りない。みほりさんだ。見ると窓口でモメている。あっ!連行されていく!! もしや強制送還か?と、一同ガクブルしながら待つことしばし。疲れた表情のみほりさん登場。聞けば、指紋認証を理解していない係官が、出国スタンプがないことを怪しんだらしい。通りががりのフライト・アテンダントに聞いて納得、釈放?してくれたとのこと。これで本日の主役はめでたくみほりさんに決定である(^^;)
 125元(安いよねぇ)払って乗ったバスは国光客運。宿泊先のシーザーパークホテルは停留所からわずか3分ほど。しかし大通りを夜間に横断する危険を考えて地下街を回ったら出口がわからず結局遠回りになってしまった。部屋は2人1部屋。私は艦長と同室。広さはまぁまぁだが、ひげそりが1個しかなかったりと、立地やHISとの提携にあぐらをかいている感もちょっとある。

Hotel

 19:00に台湾模型家族(Model Family)のメルビン(Melvin・董)、林(魔星)夫妻、ラルフ(Ralph・郭)各氏がホテルロビーに。明日からの旅をサポートしてくれるとのこと。ありがたい限り。特にメルビンは12月にも大歓待してくれた上に又なので、実に申し訳なし。せめてものお礼にと日本から持ってきたお土産(世界の艦船と観艦式CD-ROM)を手渡す。
 全員で台北駅2階にある微風廣場というフードコートへ行き、夕食を摂りつつしばし歓談。途中より台湾迷彩会張中復会長、王徳方さんが合流する。御両人とも後日のパーティには参加できそうもないとのことで、わざわざ訪ねてきてくれたのだった。
 ホテルに戻りネットつなごうするが、苦戦。メールでひゃい犬さんに聞いて事なきを得る。ここはIDとPASSをフロントに行ってもらうタイプ。入力画面になったPCを持ったままフロントに行き、ここ、ここ、と指さして終了(笑)無事ネット開通。んでも疲れてるのでメールチャェックだけして明日の用意をして寝る。

(以下は明日起きてから)

|

« 台湾旅行顛末記・承前 | Main | 台湾旅行顛末記2/26・基隆で練習艦隊見学 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 台湾旅行顛末記 2/25:

» 観光地・札幌定山渓付近 [旅行情報・北海道]
札幌市定山渓と聞くと温泉を思い浮かべると思います。しかし温泉ではなくドライブコースとしてご紹介します。 定山渓 ~ さっぽろ湖(定山渓ダム) ~ 朝里川温泉※コースの概観(さっぽろ湖より北へ進むと朝里川温泉です) 定山渓より山へと登って行きます。温泉街付近よりさっぽろ湖方面へと進みます。※定山渓~札幌湖周辺地図 さっぽろ湖に着くと木挽大橋のすぐそばにトイレがある休憩地点があります。最高のビュースポットとなっているので休憩もかねてお立ち寄りください。※さっぽろ湖休憩地点付近の...... [Read More]

Tracked on 2008.03.02 02:09 PM

« 台湾旅行顛末記・承前 | Main | 台湾旅行顛末記2/26・基隆で練習艦隊見学 »