« 台湾旅行顛末記 2/25 | Main | 台湾旅行顛末記2/27・高雄港周遊と空軍博物館 »

2008.03.02

台湾旅行顛末記2/26・基隆で練習艦隊見学

 眠い目をこすりつつ、7:30にロビー集合。今日もメルビン、林夫妻、ラルフさんが同行してくれる。小雨模様ということで、林さんは全員に傘を持ってきてくれた。感謝。今日は台湾鉄道(台鐵)で基隆まで。台湾海軍練習艦隊の一般公開があるのだ。今回の旅の主目的のひとつ。
 初めて乗る台鐵、そんなに鉄分の多くない私ですらワクワク。鉄な駅員さん、なかさん、おじさん鉄魂燃え上がってホームにいた列車の写真撮りまくり。釣られて自分を含め、皆でパシャパシャ。どうも迷惑な日本人ですいませんm(__)m。
 列車は8:03発。乗ってみたらいわゆる横並び座席の通勤電車だった。けっこう混んだ車内で並んで弁当を食う我々。ああ、恥ずかしいったらありゃしない。その上、ちょっと郊外に出ると車内はガラガラに・・・。ああ、もう少し食べるの待てばよかった。
 汐止駅とか百福とか、日本人ならつい笑ってしまうような駅を通りすぎつつ、列車は1時間弱で基隆へ到着。基隆近く、線路のかたわらにあるターンテーブルに興奮する一同。実は同行のラルフさんも台湾の鉄オタだったことが判明、艦船と鉄道は共通するものがあるらしい。どちらも細長いところ?(爆)
 基隆は雨。さすがに雨の基隆といわれるだけのことはある。駅を降りるとまた早速写真を撮りまくる一同。駅員さんは基隆の駅員さんと記念撮影。とってもうれいしそう。基地までは歩いても15分ほど。横須賀くらいの感じか? 歩くつもりだったが、ふと見ると横にデカデカと「海軍は君を待っている!」的なことが書かれたバスが停車中。これが基地までの無料送迎バスで、これ幸いと乗る。バスの窓からも写真撮りまくり。台湾メンバーが車輪餅(今川焼き(キティちゃん印!))をおごってくれる。
Sougei
 基地に近づき、係留されている康定(カンディン)級(仏ラファイエット級をベースとしたステルスフリゲート)や成功(チェンクン)級(旧・米O.Hペリー級駆逐艦)が見えてくると一同歓声! もう大興奮である。
 到着時はちょうど記念式典の真っ最中。小雨の降る中、ブラバンに合わせた華麗な分列行進や銃剣術に感動した後、艦の見学へ。見学ルートなら内部も撮影OKで、なんと艦橋内部も写し放題!! 信じられない。詳細はまた別エントリーにて。
Kandin
 見学終了後は徒歩で市街へ戻り、駅前にある幽霊ビル(^^;)の前を通って有名な基隆夜市(つーても昼だが)へ行き昼食。見学が終了した位からそれまで小降りだった雨が激しくなっていたので、観光船に乗る予定をキャンセルして台北に戻る。
 台北では駅の中にある鉄道グッズ屋に寄った後、みほりさんが無線LANカードがほしいとのことでなかさんと3人で台北地下街へ。カードは売ってなかったが軍装品店など見て帰る。次にホテル隣の統一元気館へ。地下の店にバッファロー製のUSBタイプがあったのでそれを購入。なかさんは同館3FのWing Maxへ台鐵700T型(台湾新幹線)の模型を買いに。我々も後ででいってみたら、小綺麗な店内はほとんど日本の鉄道模型ばかりだった。
 夕食は12月に続き、またまたメルビンたちと忠孝復興の太平洋そごうの地下の鼎泰豊へ。おねーちゃんが粒揃い、とか喧伝したのが効いたらしい(笑)期待に違わず今回もつぶぞろい。味の方ももちろんウマー。ずいぶんと待たされたが、それだけの価値はあった。
Tendai
 食事の後は全員で銀行副社長をしているモデラー、Eric蘇氏のお宅にお邪魔、作品やコレクションを拝見。レベル高! 長丁場にもかかわらず、あっと言う間に感じた1日だった。

|

« 台湾旅行顛末記 2/25 | Main | 台湾旅行顛末記2/27・高雄港周遊と空軍博物館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3514/40336392

Listed below are links to weblogs that reference 台湾旅行顛末記2/26・基隆で練習艦隊見学:

« 台湾旅行顛末記 2/25 | Main | 台湾旅行顛末記2/27・高雄港周遊と空軍博物館 »