« 台湾旅行顛末記2/26・基隆で練習艦隊見学 | Main | 台湾旅行顛末記2/27・台北模型店めぐりと歓迎パーティー »

2008.03.02

台湾旅行顛末記2/27・高雄港周遊と空軍博物館

 本日は昨日より早く、6:00ロビー集合。台湾新幹線(臺灣高鐵)で高雄まで行くのだ。天気はどんよりして寒い。東京と同じくらいか。マクドナルドでパンケーキセットなど食した後、7:00の新幹線で左営(終点。新大阪的位置付けか)へレッツゴー。
700t
 初の新幹線はおなじみ感バリバリ。時々掃除のおねーちゃん(日本の知人にそっくりでびっくり)が回ってくるとかで、ああ、日本じゃないんだなとかわかるだけで。車内販売もあるが、弁当は売っていないのだ。もちろん今日も全員で写真撮りまくり。携帯でトイレの動画まで撮っちゃったよ(笑)PC持ち込んで車内で仕事していた茶処さん、我々のあまりのはしゃぎぶりに半分キレそうになっていた。どうもすいません。
 天気が悪いのが心配だったが、南下するにつれて晴れてゆき、現地に着いたときにはドピーカン。ありがたや。左栄に近接する在来線の駅、新左栄から準急で岡山へ。途中、建設中の高雄MRTの試運転を運良く写真におさめる。
 到着した岡山は空軍基地のある街。そのせいか、ホームにはハンビーを積んだ貨物列車が入れ替えの真っ最中。当然また写真撮りまくり(艦船撮ってるより鉄道撮ってるほうが多いんじゃ?)
 駅からはタクシーで空軍基地へ。途中、取り壊し中の広大な敷地を通るが、これがあの栄光の高雄空の兵舎跡だと後で知った。もっとちゃんと写真を撮っておくんだった。空軍軍官学校(士官学校)の巨大な門を見つつ、心はすでに野外展示機のほうへ・・・。
Airmon
 ここで各人、好きなように見学。というか写真撮りまくり。モデラーの血が騒ぐのか、特定機体の細部ばっかり山ほど写している人多数。(岡山・空軍軍史館でググったら、Nifty模型フォーラムのアルファさんのページがひっかかってきました。そういえば台南にいらしたんですね。)
 続いて軍史館内部へ。日本からわざわざ来訪したということで、館長さんが案内は付けてくれるわ、自らお茶まで淹れてくれるわと大サービス。マスコットキーホルダーまでいただいてしまった。多謝! タクシーがすでに迎えに来ていたので、お茶を全部飲めなかったのが残念だった。
Gunsikan
 タクシーで駅まで戻り、流線型のかっこいい自強号で高雄へ。写真、そりゃ当たり前のように撮りました(笑)高雄でもホームで撮影大会。みんな好きだなぁ。私もだけど。廃止された旧駅舎の前で記念撮影してから、路線バスで海岸沿いの鼓山へ。ここからフェリー(10元)で旗津(高雄港口の島)へ向かう。途中、港に係留されている基隆級(キッド級)2隻が見えて歓声を上げる一同。地元の人には、さぞ変なヤツラに見えたことだろう。
 旗津は細長い小さな島だが、メインストリートには海鮮の店が軒を連ねる。中程にある店で海鮮の昼食。料理はうまかったが、海老の唐辛子炒めに入っていた唐辛子が歯に挟まってしまい取れず、しばらく悶絶。
 食事後はフェリー乗り場の脇から港を回る遊覧船に乗船。本来は軍港の前を通って外海に出て帰ってくるルートなのだが、この日は海が荒れていたため、港内をぐるっと行って帰って来るルートに。我々としては目当ての基隆級が行きも帰りも拝めるわけで、願ったり叶ったりだ。上部デッキの最先端に陣取り、基隆級を中心に船舶を撮りまくる。多少波は荒いが天気は快晴、絶好のクルージング日和。ワイワイいいながらあっちゃ行ったりこっちゃ行ったり。一緒の船に乗り合わせた他の観光客の皆さん、まったくご迷惑様でした。夢中になって撮影していたら、顔が真っ赤に日焼けしてしまったよ(T_T)
Minato
 ぐるっと回って鼓山側へ到着。ここから歩いて旧英国領事館跡に向かう。途中、日本時代の軍施設の遺跡を見かける。ここはかつて大日本帝国海軍高雄軍港なのだなぁと実感。英国領事館は山の上。私は足の靴擦れが痛かったので下の海岸で茶処さんとともに休息。きれいで見晴らしがよかったそう。
 帰り道、旧海軍の砲台跡を見学し、第一ドックという名の掘割をぐるっと徒歩で回って市街地側に戻り、バスで高雄の六合夜市へ。今日はここで夕食となる。私は2キロほど離れたパパイヤミルクの本家、高雄牛乳大王へ。同行してくれた林さん、そしてみほりさんに感謝。さすがに本場の味と感激。帰りは夜市までタクり、皆に合流。
 食事後は中央公園まで徒歩で移動。ものすごーく豪華なMRTの駅が出来ていて、エスカレーターなど試運転中。あと3ヶ月で開業だそうで、その後にでもまた来てみたいところ。公園のイルミネーション・スポットで写真を撮ったり、撮ってあげたり(^^;)した後、バスで高雄駅へ。このバスがボロかった(笑)
 新左栄までの準急は、銘板が外されているので詳細不明だが、どう見ても日本製。新幹線の発車まで時間があったので、うろうろしつつおみやげなどを探す。新幹線は当初ガラガラだったが、次の駅の台中で急に混む。台中のほうが商業活動が盛んらしい。
 11:00過ぎに到着。さすがに疲れてみんなヘロヘロだったが、これまた充実した1日だった。

|

« 台湾旅行顛末記2/26・基隆で練習艦隊見学 | Main | 台湾旅行顛末記2/27・台北模型店めぐりと歓迎パーティー »

Comments

いでらさん、こんばんは.
台湾の旅行は手配して、私達に光栄を感じさせます.
後で双方の交流をも期待します.

高雄の部分に関して、正しい艦艇の名称:基隆級(キッド級),基隆の部分は 成功級 がです. happy01

Posted by: gf13_001nhii(魔星) | 2008.03.03 at 01:00 AM

>魔星 さん
間違いを教えてくれてありがとうございます。訂正しておきました(^^)

Posted by: いでら | 2008.03.03 at 01:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3514/40337329

Listed below are links to weblogs that reference 台湾旅行顛末記2/27・高雄港周遊と空軍博物館:

« 台湾旅行顛末記2/26・基隆で練習艦隊見学 | Main | 台湾旅行顛末記2/27・台北模型店めぐりと歓迎パーティー »