« ちょっと疲れたよ・・・ | Main | 妙高の製作(そにょ2) »

2008.09.05

妙高の製作(そにょ1)

1/700日本海軍重巡洋艦「妙高」なんぞを作ってみましたよっと。
(ほほう、ハセガワのリニュ版?それともフジミ?)
とかいってるアナタ。 これです(^^;)
1_2
2_2

なんつってもWLシリーズNo.1ですよ、1。
なんでいまさらこんな古物を、とお思いでしょうが、
週末のフネカン(船の科学館水ものフェスティバル)へ向け、
水中モーターで走らせる模型として製作中なのです。
友人に譲ってもらって以来、
ずっと死蔵されてたキットなんですが、
今年でフネカンもファイナルということで、
せっかくだから供養しちゃおう、
ということになった次第。
こんなキット、普通ならまず作らないもんねぇ。

中身はこんな感じ。
まぁ、時代を考えれば悪くはないかも。

3_2
4_2

でも、丸太ん棒のような主砲とか測距儀とか、
やはりちょっと今みるとツラいなぁ(^^;)
主砲の形状はセッケン箱みたい。

105_2

おや、何をしているところでしょう?(しらじら)
これぞWLシリーズを走らせるための秘密兵器! 
謎だ!OHaraさんに教えてもらいました。
タミヤの楽しい工作シリーズ・スチレンボード5mm厚です。
船底の形に切って張り合わせれば、
りっぱなフルハルモデルが完成・・・するのか?
(するすみさん、遅くなりましたけどありがとうございました~)

106_2

三段重ね。ここまではいらない・・・はず。

7_2

あそこが違う、ここが違うとかそーゆーことを気にせず、
ニッパで部品ちぎって、とにかくパコパコ組む!
ああ、楽しいなぁ。小学生時代に戻った気分(笑)
あ、さすがはハセガワさんで、合いは比較的良好でしたん。

8_2

主要な構造物を取り付け終わってから、
甲板塗っとくのを忘れたことに気付く。
いいや、豚リスペクトっつーことで筆でペタペタ塗っちゃえ!
41番だと、ちょっと色が赤過ぎたかも。

9_2

軍艦色も筆でぺたぺた。
筆塗りってやってないと下手になるねぇ。

10_2

・・・・キットのまま作る予定だったのに、
つい手元にあったリューパーツに手が伸びて・・・
あんまりな形状だった高角砲と、
機銃とカタパルト、探照灯なんかを付け替えてみる。
これは先日亡くなった模型仲間の形見。
おいおい、ソレに使うのか?と、
彼もあの世で苦笑していることでしょう。
元のままの部分と落差が激しいこと激しいこと。

13_2

マストだってもちろんキットのまま。
ホイストクレーンはランナー状態で折れてたけど、
適当につないでそのまま。
ボートダビットとか、多分走らせると取れちゃうだろうなぁ。

14_2

ぬるっと何もなかった艦橋前面。
プラペーパーでインチキに波返しをでっち上げた。
・・・・波返しに見えね~(泣)

15_2

まぁでも、遠目には一応それらしきフネには見えるので、
あまり気にしないことにしよう、そうしよう(T_T)(T_T)

(以下、そにょ2に続く)

|

« ちょっと疲れたよ・・・ | Main | 妙高の製作(そにょ2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 妙高の製作(そにょ1):

« ちょっと疲れたよ・・・ | Main | 妙高の製作(そにょ2) »