« 新橋のSL | Main | 失敗した »

2008.12.22

台湾で飲んだもの食ったもの・2008.11編(長文)

 またかよ、とお思いの方も多数いらっしゃるでしょうが、台湾で飲んだもの食ったもの11月編です。ホントは台湾関連は一気に全部上げちゃおうと思ってたんですが、年末進行やらなんやらでなかなか思うようにいかず。こんな時期になりました。もうすぐまた行くんだよな~(^^;)

んでは、ご用とお急ぎでない方はお付き合いのほどを~。

Kinai1

恒例、行きの機内食。今回はちゃんと自分でカメラ持ってって撮った。
鶏肉はいわゆるテリヤキ味。キュウリはなんと煮てあった。うまかったけど。
ブルーベリーソースのかかったケーキはちょっと甘くてパサパサ感が。

Shyanhai

着いた日の夕食は台湾朋友と宿の並びにある上海料理店で。
毎度のことながら、なにも考えずに食いまくってしまい、食べかけの写真で申し訳なしm(__)m
点心中心でおいしくいただきましたん。

Oshiruko

食事後、これまた宿の並びにある有名フランチャイズ甘味店、
鮮芋仙でタロイモ団子やらタピオカやら、いろいろ入ったおしるこをテイクアウト。
これまた食べ始めてから気付く(T_T)
台湾の甘味は、個人的にはちょっと甘味が不足気味の感。うまいんだけどね。

Asa

翌日の朝食は既報通りブイレのロールサンドサンドと木瓜牛乳のみ。
昨日の夕食が遅かったのと、朝早かったのであまり食欲なし。
でも、ツナとかトマトとかが入ったコレは、やっぱりうまかった。

Paiku

昼は鹿港は新祖宮のわきにある廟口第一家で排骨飯。
ここの排骨飯は、煮干しらしき小魚がトッピングされていてびっくり。
それが不思議と合うので二度びっくり。
あ、ちなみにコレは食いかけじゃないから(笑)
肉も柔らかくてグッド。オネダンわずか40元でした。
いっしょに行ったメンバーに聞いてみると、
その他の料理もおおむねおいしかったとのこと。

Tendai

夜は茶処Yさんの到着を待って、定番である太平洋そごうの地下にある鼎泰豊へ。だいたいここに来ると頼むものは決まっていて、小籠包の他に排骨チャーハンに蒸し餃子系、それに小菜を数点といったところ。あとはスープとか。値段は安くはないが、日本で食べることを考えれば得だし、店員さんもgood。人気店なので、オンタイムには待ち時間がずいぶんあるのが欠点といえば欠点。

Katugyo

翌日朝はホテルのバイキングだったので省略。昼は南方澳漁港の「富美活魚鮮」の海鮮。画像に写っているのはホンの一部、ゴーカけんらんにいろいろ出てきたけど、いくらだったんだろう?電車賃とかまとめて清算したのでよくわからん。多分、日本円で3000円くらいだと思う。刺身もエビもうまかったが、カニにかかってた甘いマヨネーズとスプレーはちょっと馴れないとびっくりするかも。

Tofu1

夜は深坑老街で豆腐料理。といっても全部豆腐なワケじゃありません。右がタケノコと豚肉の煮たもの、左奥が蒸し鳥みたいなの。手前がとろみのある醤油味の豆腐スープ。

Levamotu

レバとモツの辛味煮込みのようなもの。香菜を散らしてある。思ったほどしつこくない。

Nituke

豆腐の煮込み。こちらは醤油ベース。あんまりクセがなくて日本人の口にもよく合う。

Yakisoba

焼きそば。ちょっとべちゃっとしてたけど味はよし。あっと言う間になくなった(^^;)

Agedoufu

揚げ豆腐。軽くてスナック感覚で食べられる。

Chingen

チンゲン菜のにんにく炒め。ウチでもよく作るけど、これはスープがけのようになってておいしかった。

Sakanaankake

魚のあんかけ。魚の種類は不明。菜譜をメモしてくるの忘れちゃったのよ。ちょい辛でおいしいんだけど、身が少ないのがちょっと不満。

Harumakimise

食事後に台湾メンバーに勧められて食べに行ったのが春巻きアイス。

Harumakitukuri

これ、マーブルシャーベットにピーナツスライスと香菜を振りかけ、生春巻きの皮でくるくるっと巻いたもの。このへんの名物らしい。

Harumakikansei

香菜は苦手なので抜いてもらったが、味の方はなんとも不思議なハーモニー。これはこれでアリって感じで、おいしくいただきましたん。


Daio

台北に戻って、みほりさんと二人でホテルの近くにある台北牛乳大王に。頼むのは当然パパイヤミルク。時期外れだからどうかな?とも思ったけど、さすがに満足できる味でした。本当は他のメニューも試してみたいんだけど、これって意外にお腹にたまるので、もう一杯頼むは無理。かといってパパイヤミルクを頼まないというのはワタシ的にあり得ないしなぁ(^^;)

Bangyu

飲み物が続きます。ワタシは自他ともに認めるドリンク剤マニアでもあるわけですが、コンビニでそれらしきものを物色。買ったのこの「蛮牛」というヤツ。”持續旺盛精神”とか書いてあっていかにも効きそうでしょ?(笑)けっこーアルギニン含有量が多くて、アルギンZより効きそうな感じでしたが、疲れてたのもあって飲んですぐ寝てしまったので、効果のほどは不明。味はやっぱりアルギンZ系でした。

Sanmeitan

翌日の昼(朝はまたホテルだったので)は、髭長魯肉飯店で。んで、これが店オリジナルの酸梅湯。店でしか売ってないのだ。自他ともに認める酸梅湯マニアとしては(こればっかり)、当然オーダーしないわけにゃいかん。味はうーん・・・微妙。いや、まずくはないんだけど、コストパフォーマンスがちょっと。スーパーならほぼ同じ値段で5倍濃いブツが買えるのを知ってるだけに。まぁ、一般的な酸梅湯のレベルからすればおいしかったといっておこう(^^;)

Hige

肝心の食事のほうを忘れてた。画面左が、一般的な魯肉飯。そのとなりが、魔星さんの頼んだ定食。これは煮卵とつけ合わせの野菜が同じ丼に乗ってきておすすめ。ワタシゃ小食なんで左の魯肉飯にしたんだけどね。奥はサイドオーダー3種と、なかさんが頼んだ魯肉飯(大)。味はもういうことなし。さすがに太鼓判のお店だけはある。

Yoiti

夜は士林夜市でタンツー麺。なんか小食になっちゃってて困る。それとパパイヤミルク。本当はもっと色々と食べたかったんだけどなぁ(T_T)

Mattia

デザートは夜市近くの有名店、辛發亭で抹茶赤豆雪片。これは抹茶味のアイスキャンデーの固まりをガリガリ削って、あずきをかけたもの。単なる氷じゃなくて味があるので食べ飽きない。もうちょっとあずきが甘いと更にいいんだけど、それは贅沢というものか。「以前来たときより量が少なくなった」と、紹介してくれたラルフさんはご立腹。

Kuko

翌日朝はまたホテルで。昼は桃園機場のレストランでワンタンなど。味はまぁまぁだったが、市内の3倍くらいの値段だよ(T_T)(T_T)

Kaeri

最後は帰りの機内食。空港で軽く食べてたせいもあるんだけど、コレがまた油っこくって、心ならずもほとんど残すことに。モッタイナイ。ビーフにしときゃよかったよ(T_T)

・・・というわけで、長文お付き合いありがとうございました。


|

« 新橋のSL | Main | 失敗した »

Comments

 くそぅ、ウリたちが帰った後でイイモン食ってんじゃんかよぉ。・゚・(ノд`)・゚・。

Posted by: みほり | 2008.12.22 12:08 PM

>>もうすぐまた行くんだよな~

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 中興号!中興号!
 ⊂彡

>>さーて、いくらふっかけようかなぁ

 鬼!悪魔!デビルじじぃ!(゚∀゚)

Posted by: KWAT | 2008.12.22 03:30 PM

士林夜市は“人大杉”で正直言って疲れました。
でもこれぞアジアパワー炸裂で楽しかったです。
次は別の夜市も体験してみたいです。

それと髭張魯肉飯は事前に調べておいた是非行きたい店でした。
M氏の車が店の前で停まった時にはもう大興奮
衛生的で安くてしかも当然ながら美味しい

みほりさん、三月みんなで行きましょう
晴天幸運発動ネタもよろしく
いでらさん、美味い店調査おながいします。

台北101のカウントダウン花火を見に行ってこようかな?
あ~、行きてぇなぁ~
うわ~、有り得ねぇ~
グバババババ

Posted by: なか | 2008.12.22 08:01 PM

すんません、忘年会で徹カラしててRESが遅れました。

みほりさん>

へへへ。次回はみほりさんもぜひ。

KWATっちん>

はいはい、デビルじじぃでございますよ。
買ってくるから楽しみにマテ(゚∀゚)

なかさん>

3日後からの旅行は中2日しかないんですが、
初日は高鐵で高雄行ってフェリーで旗津渡って、
六合夜市でうまいもの食べて夜中に台北に戻る予定。
翌日は老舗模型店の襲撃。いやー楽しみだ(^^)
新年会で顛末をご報告の予定ですだ。

Posted by: いで | 2008.12.24 12:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 台湾で飲んだもの食ったもの・2008.11編(長文):

« 新橋のSL | Main | 失敗した »