« April 2009 | Main | June 2009 »

2009.05.30

それはまるで長寿アニメの主題歌のように

アキバに行こうと駅まで〜出かけたら〜
サイフを忘れて〜みじめないでらさん〜

おかげで会合に1時間以上の遅刻が決定。
どうもあいすみません>関係各位

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.05.29

ホビーショー終わる

 タイトル見て、(いまさらナニいってんだコイツは?んなモン2週間前に終わってんだろが!)とか思った方。そうそこのアナタですよアナタ。まったくおっしゃる通りでございます。・・・世間的にはね。

 自分的には今日、やっと終わったっちゅー気分なんですよ。ついさっき、どん尻のケツで某誌ショー特集号の原稿を入稿して。5月13日の木曜から始まった、今年のオレ的静岡ホビーショーが、ついに終焉を迎えた瞬間でありました。

 思えばいろいろあって合同展の出展作が軒並み(っていうほど手を付けちゃいなかったけどさ)完成しなくなり、スケジュール的にキツキツのまま突入したホビーショー。今年はなぜか業者日2日目や一般日の土日も、ほぼみっちりと仕事をすることになってしまい、夜は夜で撮った画像を遅い芋場にイライラしながら送信したり、気分的に休まるヒマがなかったです。

 帰宅したら帰宅したで、翌週の取材イベントの準備が待ってるし(T_T) もうこの歳になって完徹で取材行きたくないです(T_T)(T_T)

6月はもう少しヒマになるといいなぁ・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.05.16

狐仙漫話2と金門土産

狐仙漫話2と金門土産
静岡ホビーショーで受け取りました。

A士さんありがとう(^o^)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2009.05.14

仕事中

仕事中
恒例静岡ホビーショーの取材中。今回の某誌はほぼオールスターキャストです(^_^;)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2009.05.13

念願かなう…が。

念願かなう…が。
び〜ちゃんのリヤキャリアにはユーラシアトランクが似合うと思い続けて十余年。思い切って買ってみた(安物だけど)。
ちょっと大きすぎてび〜ちゃん自身のトランクに入らないのは失敗。もう一回り小さいのにすれば良かったよorz

でもまあ、思った通りのイメージでオシャレっぽいからいいかぁ(^_^;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.05.04

久々のエルトリート

久々のエルトリート
ぼ〜るさんの野暮用にお付き合いして西葛西。
それではとばかりに十数年ぶりにエルトリートでメキシコ料理です。
いやあ、相変わらずうまいわ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2009.05.02

台湾旅行2009年3月編その4 ~蛇頭山やら開拓館やら~

 基地を出て、幹線沿いにある適当な小吃兼お弁当屋さんで飯。その後、名所である柱状節理の崖などを通りすぎつつ、戦艦松島遭難記念碑や、仏軍上陸記念碑などがある蛇頭山を訪ねる。この付近は17世紀にオランダが建設した西洋式要塞があったところで、その後も重要な軍事拠点としてさまざまな軍事遺跡が多く、みんなで写真撮りまくり。風は非常に強く、両手を広げると飛んで行ってしまいそうになるほど。そのせいか、このへんの植生はサボテンとアロエ、そして名も知らぬ細い灌木、ほぼその3種類しかない。

Jato

 蛇頭山は、海に面した丘という感じの地形。ちょうど湾の向こう側が、先ほど後にしてきた馬公基地で、旧軍施設の多く残る測天島地区にあたる。レンズを向けては見たが、ちょっと距離が遠いのと、海が荒れているせいかあまりはっきりとはわからず。成功級の艦番号が読み取れたくらいだ。岬の突端まで行くと四角嶼や西嶼など、澎湖諸島の他の島々を見渡すことができ、なかなかの絶景なのだが、とにかく風が強くてねぇ(T_T) 風の止む行楽シーズン(4月から秋くらいまで)にまた訪れてみたいとは思うが、その時期は混むだろうな。

Kesiki

 帰り道、澎湖旅遊中心(ビジターセンター)へ寄り、日本語のパンフ等の観光資料をげと。ここは古代から現代に至る澎湖諸島の歴史や観光名所等がわかりやすく展示され、観光バスが何台も停められる広い駐車場もあるなど、ちょっと休憩するのにももってこい。続いて近くにある膨湖生活博物館に立ち寄るが、残念ながら改装中だった。こちらも大きな建物で、見応えがありそうだったのに残念。次に向かったのが澎湖開拓館。昭和10年に立てられた馬公市長舎で、その後も歴代の澎湖県知事庁舎として使われていた日本式豪邸。

Kaitaku

 ちょうど、大戦末期にあった澎湖空襲の写真展を開催していたので入場料を払い、一同で中に入ってみる。中央部付近の応接間だったと思しきところには書棚があり、澎湖関係の書籍がぎっしり。多くは戦前の統計書類などだが、日本統治時代の写真帳を見つけ、手に取ったところ、これが未見写真の宝庫! 測天島に入港する敷設艇「測天」など、艦船関係の記念写真も多く、おじさん以下訪台団の全員が大興奮。開拓館の学芸員の方も加わって、旧日本軍の軍事遺跡の話で盛り上がった。

Jyunsyo

 開拓館で予想以上に時間がすぎ、すでに日が傾きかけるなか、清朝時代の城跡、「媽宮城」の「順承門」近くに広がる廃墟街へ。ここは日本統治時代の建物で、後に軍宿舎として使われていたところのようだ。現在は完全に廃墟と化しているが、澎湖ではここを観光資源として整備するらしい。

Haikyo

 ここも面白かったが、「順承門」の近くでは祭りが行われており、道にはかわいいネコを絵を描いた提灯、というか釣りのウキのようなものがぶらさがっていて、ほど近い会場には米袋で作った巨大な亀のモニュメントなどがあって楽しめた。

Nekouki
Kame

 そろそろ日没ということで、一旦ホテルに戻って再集合、馬公市内で夕食とすることに。ところが目星をつけた店は満員で、それではと市内を探して歩くが人数が多いこともあって、なかなかこれはという店が見つからない。最終的にチェーン店の牛肉麺屋に。帰りは、なかさんとともに道すがらで見つけたスーパーで怪しい日本語の書かれたチョコまんとかを買って帰る。明日は台北に戻る日だが、午後遅くの便なので、それまで橋でつながっている白沙嶼や西嶼に行って砲台の遺跡などを見学する予定だ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

千疋屋のフルーツアフタヌーンティー

千疋屋のフルーツアフタヌーンティー
やっぱり銀ブラの〆はこれでしょう。

GWはこれで終了だな〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんなのに来てます

こんなのに来てます
会場内は撮影禁止なのが残念。いぬいぬしててよかったなりよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »