« 少し回復しました | Main | びーすけでいこう! 呉・広島編 よっかめ »

2009.11.17

簡単な経緯

10/28、上京しての打ち合わせの帰りに東上線車内で疲れと寒気を感じる
翌日近所のA医院で診察・投薬。内容は解熱鎮痛薬、痰除去剤、抗生剤。 熱はほぼ平熱に戻った。
気をよくして洗髪&外出(買い物)
外出中から気分が悪くなっており、帰宅して薬を飲んで就寝。
熱は徐々に上がり、38度台後半~39度。
ちょうど抗生剤も切れたので、連休に入る前にと、土曜午前中にA医院へ。いつもは大抵1度の投薬で直る人間が、悪化させて再来したのでA医師おおいに驚く。直ちにインフルの簡易検査。幸いにして陰性だったので別の種類の抗生剤のみ処方。熱は抗生剤を飲んでから2時間もするとやや下がり、汗が出て着替えが出来たが、その後は上昇のくりかえし。39度台後半の体温が、咳もひどくなり40度を超える。いちばん咳の出にくいポイントに合わせて、寝る姿勢から考えなければいけなくなる。

連休明け4日、朝からA医院へ。40度超えたと告げると、即タミフルを処方される。陰性反応が出ているうえ、もしそうだったとしてもとっくに使用開始期間は過ぎている。釈然としないまま服用するが効果なく。おまけに抗生剤ではわずかながらあった解熱作用もなく、呻吟する。

1日たって我慢できなくなり、再びA医院へ。A医師も打つ手なしの状態だったが、ガンマグロブリン注射を。抗生剤の残りはタミフルと併用していいことになった。熱は40度超え変わらず。

そして決定的な事態がやってきた。

7日夜くらいから痰が今までまったく見たことのないタイプに変り、おまけにどんな姿勢を取っていても必ずすぐに咳き込んでしまい、まったく眠れなくなってしまったのだ。かろうじて、トイレの便座に座ったくらいの姿勢がもっとも咳が出ないので、トイレで仮眠する始末。といっても、2,3度コックリすると咳の発作で起きてしまうので、まさに瞬眠だ。

んで、この痰ちうのが、色は毒々しいまでに赤黒く、中には小さな黒いツブツブがちりばめられ、さらには"とっても臭い"という、まさに異常病変そのもの。これを見たときに、このままでは絶対直らないと認識させられた。

8日、朝に心配したA医師が電話をくれたので、経緯を話して病院を紹介してもらう。ひゃい犬さんの見舞いの便なども考え、祖母を看取ってくれた場所でもあるI病院に入院することになったのである。

|

« 少し回復しました | Main | びーすけでいこう! 呉・広島編 よっかめ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 簡単な経緯:

« 少し回復しました | Main | びーすけでいこう! 呉・広島編 よっかめ »