« August 2010 | Main | November 2010 »

2010.09.29

君はそんなところで何を?

君はそんなところで何を?
門扉の間に張り付いたアマガエル。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2010.09.27

明治チェルシードリンク・バタースカッチを飲む

明治チェルシードリンク・バタースカッチを飲む
あのハモりの歌と外人のおにゃのこの舌っ足らずなセリフでおなじみのチェルシーがドリンクに!

早速飲んでみたが、一口目で感じる強烈な甘さ!
まぁこれはだんだん慣れてくが、味はチェルシーを水に溶かして砂糖を足したとしか形容しようがない。
パッケに記された「濃厚なおいしさ」とは、ちょっと違うんじゃないの?と思った。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2010.09.18

半DAYトリップ

前日夜、ふと思い立って水沢にうどんを食いにいくことに。

朝のうちから行くつもりが、タイヤ交換したりして出発はお昼過ぎ。
天気は暑くもなく寒くもなく。もちろんクルマはオープン全開。
関越は東松山で乗った直後からノロノロ。それでも長野道との分岐を過ぎるころにはそれなりに流れ出し、
1時間ほどで群馬へ。駒寄PAのETCゲートから出てちょっと迷ったりしながら吉岡バイパスへ。
あとは1本道で水沢のうどん屋街だ。

前回、友人と来たときは定休日だったいきつけの丹次亭は連休とあってもちろん営業中。
天ざるの大盛をオーダー。ここは大盛でちょうどいい。
コシのある麺、ちょっと辛目のつゆ、そして野菜ばかりのヘルシーな天ぷらも堪能。
腹ごなしに伊香保方面へ……と、思ったがグリーン牧場の看板を見て、
「そうだ、ソフトクリームを食べよう!」と思い立ちT字路を右折。
グリーン牧場駐車場にある売店でおいしいソフトと牛乳を飲んでから改めて伊香保方面へ。

今日は伊香保まつりの初日でもあり、混んでいたのでよらずにそのまま榛名へ。
ワインディングでスポーツ走行のマネごとなどしながら榛名湖を一周。
(しかし、あのメロディラインていつできたんだ?)
元来た道を戻り、吉岡バイパスにある「食の駅 ぐんま」に寄り、
ハムなど今晩のツマミと、お気に入りの塚田農園の安ワインを買い込む。
そのまま17号に出て、前橋ICから関越乗って帰って来た。

所要6時間。 けっこー充実した半DAYトリップでしたん。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2010.09.01

今日は防災の日・我が家的関東大震災エピソード

 大正12年の今日は関東大震災があった日。マグネチュード7.9という大地震は、近代国家として発展しつつあった我が国の首都圏に、甚大な被害をもたらしたのはご存じの通りだ。ごく個人的には、我が家の歴史的にも非常に重大な事件であった。

 この日、御歳10才の我が祖母こと山田ヨシさんは、母親とともに東京は深川に住む叔母の家を訪ねるべく、早朝に栃木県鹿沼の自宅を出て汽車で移動中だった。ところが車中、我が祖母は何を思ったか、「深川は行きたくない。太田の呑竜さまに行きたい。」と駄々をこねたのだった。

 ほとほと困り果てた母親はついに根負けし、乗り換えのため栗橋で途中下車。今のように本数も多くない当時のこと、乗り換え列車は数時間後。そして、ホームで列車を待っている最中、激しい揺れが襲った。ときに午前11時58分。

 時間的に考えて、そのまま深川に向かっていれば間違いなく震災に巻き込まれていただろうし、10才の女の子があの火災地獄から逃れられたとは思えない。そうなればワタシがこの世に生まれてくることもなかったわけだ。
本人は、何故呑竜さまに行きたかったのか覚えていないそうだ。ただ、葉巻型UFOを目撃したり、小さい頃は不思議な現象によく遭遇したらしい。

 祖母の姉上さまの話では、その後呑竜さまにはキチンと御礼詣りをしたそうな。余談だがこの時は列車ではなく曾祖父の車での旅行だったようだ。

  んで、件の深川の叔母様はというと、四方から火の手が迫る中、最後の手段と隅田川に飛び込み、愛猫を頭の上に乗せて難を逃れ、奇跡の生還を果たしている。

 もう我が一族ではワタシくらいしかこのエピソードを知ってる人もいないと思うので、忘備録として記す次第。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | November 2010 »