« ねこさん、里親の元へ | Main | 半DAYトリップ »

2010.09.01

今日は防災の日・我が家的関東大震災エピソード

 大正12年の今日は関東大震災があった日。マグネチュード7.9という大地震は、近代国家として発展しつつあった我が国の首都圏に、甚大な被害をもたらしたのはご存じの通りだ。ごく個人的には、我が家の歴史的にも非常に重大な事件であった。

 この日、御歳10才の我が祖母こと山田ヨシさんは、母親とともに東京は深川に住む叔母の家を訪ねるべく、早朝に栃木県鹿沼の自宅を出て汽車で移動中だった。ところが車中、我が祖母は何を思ったか、「深川は行きたくない。太田の呑竜さまに行きたい。」と駄々をこねたのだった。

 ほとほと困り果てた母親はついに根負けし、乗り換えのため栗橋で途中下車。今のように本数も多くない当時のこと、乗り換え列車は数時間後。そして、ホームで列車を待っている最中、激しい揺れが襲った。ときに午前11時58分。

 時間的に考えて、そのまま深川に向かっていれば間違いなく震災に巻き込まれていただろうし、10才の女の子があの火災地獄から逃れられたとは思えない。そうなればワタシがこの世に生まれてくることもなかったわけだ。
本人は、何故呑竜さまに行きたかったのか覚えていないそうだ。ただ、葉巻型UFOを目撃したり、小さい頃は不思議な現象によく遭遇したらしい。

 祖母の姉上さまの話では、その後呑竜さまにはキチンと御礼詣りをしたそうな。余談だがこの時は列車ではなく曾祖父の車での旅行だったようだ。

  んで、件の深川の叔母様はというと、四方から火の手が迫る中、最後の手段と隅田川に飛び込み、愛猫を頭の上に乗せて難を逃れ、奇跡の生還を果たしている。

 もう我が一族ではワタシくらいしかこのエピソードを知ってる人もいないと思うので、忘備録として記す次第。

|

« ねこさん、里親の元へ | Main | 半DAYトリップ »

Comments

ウチの亡き祖母はとぷじ生まれたばかりの伯父を担いで逃げ回ったそうです。ちょっと地震でも急いで窓をあけはなしてました。

Posted by: | 2010.09.01 at 01:48 PM


白井薫範です(^^;;;
名前書き忘れた

Posted by: ぐんぱん | 2010.09.01 at 01:49 PM

ぐんぱん先生>

お祖母様も被災者でしたか。
あの時代に関東に住んでた人は、なにかしらエピソードがありそうですね。
ただもう90年も前の話ですし、風化してもしょうがないのかもしれません。
ウチも今回の登場人物はみんな彼岸の向こう側ですし。

まぁせめて、生きてる自分は1年に1回くらいは地震を意識しておこうかなと(^^;)

Posted by: いで | 2010.09.02 at 10:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3514/49313245

Listed below are links to weblogs that reference 今日は防災の日・我が家的関東大震災エピソード:

« ねこさん、里親の元へ | Main | 半DAYトリップ »