« 復路(その2) | Main | 日本海軍「艦これ」公式作戦記録の私的正誤表の跡地 »

2014.02.20

復路(その3)

偵察に出て聞いてみると、この先の上り坂で大型トラックが2台立ち往生していて、まったく通行できない状態だという。程なくして件の警察官がやってきて、大型トラックは無理だが、乗用車ならばUターンして、この手前の軽井沢方面に向かう146号に入り、最初の左折路を入れば、もとの145号に合流できるとのこと。早速そちらへ向かう。除雪されてはいるが、かなり道幅が狭い山道で、確かにこれではトラックはキツい。

145号はこのへんで、従来の旧道と八ツ場ダム建設で作られた八ツ場バイパスとに別れる。多くのクルマが旧道方面に向かう中、我々はそのままバイパスを進行。どうせしばらく行くと合流するしね。みんな旧道に出たがるのは、ナビの指示なんだろうか? その後は特に問題もなく中之条町に入る。四万温泉方面の道路標識をああ、温泉入りたいなぁと横目で見ながら通過。いいよぉ、四万の湯は。

145号から353号に入り、小野上温泉(ここもいいよぉ)の近く、「道の駅おのこ」に停車し、トイレ休憩&ルート検討。駐車場の路面はカチンカチン、ちょっと油断すると転倒しかねない。このまま進めば渋川市で17号に合流するが、行きのことを考えるとトラックによる渋滞がこわい。ワタシは榛名山の中腹にある、伊香保温泉方面に進んで、そこから吉岡バイパスへ抜けるルートを提案して押し切る(^^;) このへんは昔からしょっちゅう遊びに来ているところなので、自信はあった。

吾妻川を渡り、吾妻線金島駅の近くから県道164号線で伊香保方面へ。細くてワダチもあるが、ボルボでもなんとか走れる程度。そのまま直進し、県道33号上毛三山パノラマ道路へ。このまま下っていけば吉岡バイパス。起点の群馬総社駅付近は友人の家があって度々訪ねている勝手知ったるあたりである。あとは市街地を抜け、17号のバイパスである50号から上武道路へ出てひたすら埼玉方面へ。現地を出発してから11時間、午前3時に自宅に到着することができた。

こんなダラダラと長いばかりでつまらん文章、読んでいただいてありがとうございました。


最後の最後、ウチのほうに曲がる町道の入り口でボルボがスタックしたことは内緒だ(汗

|

« 復路(その2) | Main | 日本海軍「艦これ」公式作戦記録の私的正誤表の跡地 »

Comments

あの日に長野から群馬へ抜けられたとは
お見事です!

15日土曜に埼玉から群馬~長野を目指しましたが、埼玉から出られませんでした(^^;)

まぁ それが良かったのですけどね。

Posted by: 謎だ!OHara | 2014.02.22 07:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 復路(その3):

« 復路(その2) | Main | 日本海軍「艦これ」公式作戦記録の私的正誤表の跡地 »