« たかやまさんさく~ | Main | (のば)FOXをいじる »

2017.09.13

「再会」(二次創作みたいなもの)

 出張でこの街に来て半年。

 休日の午前中、雑踏を歩いていた私は、
通りの向こう側にとてつもなく懐かしい人物を見かけた。
ノンボタンのスーツを着こなす銀髪の長身、碧眼、
ちょっと鷲鼻気味のあの人は…

(いや、まさかそんな。でも、あれは確かに…)

 心では疑念を持ちつつ、しかし身体は勝手に動いていた。
他の交通に注意しつつ、素早く道を横断すると、
私はその人物に近づいていく。

「おはようございます。これからご出勤ですか?」

[彼]はおや?といぶかしげな顔をして、

「おはよう。どこかでお会いしましたかな?」

ややトーンの高い、それでいて深みのある声。
昔、よく聞いていたそのままだ。

「ええ、いや、あの、小さかったころ、貴方にはずいぶんと憧れたものでした。」

 私はしどろもどろだ。
考えてみれば、かつての所属や、その後の職業など、
私は[彼]のことをよく知っているが、
[彼]は私のことなどを知るはずもないことを思い出したのだ。

しかし[彼]は、ああ、と納得した顏で深くうなずくと握手を求めてきた。
そして、

「今日は暇かね? よければ、“会社”のほうにでも案内しよう。」

そういうと、そのまま歩きだす。私はあわてて後を追った。

 半ブロックほど歩くと、町並みは古び、まるで前世紀のようだ。
そんな中で[彼]を見失った私は右往左往してしまう。
だが、いつのまにか流麗かつメタリックなスペシャリティ・カーが横付けし、
ガルウイングのドアが開いた。

「どうした? 乗りたまえ。」

[彼]が運転席から手招きしている。
一瞬の躊躇の後、シートに身体を預けると、滑るように車は発進する。

 口元にわずかな微笑を浮かべながら、
この車特有のユニークな形をしたハンドルを操る[彼]に、
私は会話も忘れて見つめることしかできなかった。

 “会社”が見えてきた。かつて何度も見ていた、おなじみの景色だ。
広大な敷地の一角、ひときわ大きなオフィス棟の車寄せに乗り入れる。
降りる彼に続いて中へ。[彼]の登場にタイプを打っていた女性秘書が顔を上げる。

「おはようございます---さん。…そちらの方は?」

「おはよう。ミス---。こちらはお客さんだ。一種の見学者というところかな。」

秘書は微笑んで言った。

「そうですか、ごゆっくり。」

 奥にある執務室に入ると、[彼]は私にとっては見慣れた、
しかしあくまで秘密のあの手順を行なったのだった。

         * * *

 扉が開くと、まったく唐突に近未来的な空間が出現した。
周囲からは各種電子機器が発する騒音が低く聞こえており、
ボディスーツ様の制服を来た男女がきびきびと歩き回っている。

 [彼]の説明を受けながらついていくと、
精悍な顔つきの人物が[彼]に話しかけてくる。
私にはわからない会話がひとしきり続いた後、
その人物はこちらに微笑を向けてきた。

「はじめまして。僕は… いや、キミは僕のことをよく知っているんだったね。
 今日は楽しんでいってくれたまえ。」

 もみあげが印象的なその人物は、軽く手を振りながら去っていった。

 いちばん奥には[彼]の部屋があった。
もうひとつのオフィスだ。すでに部屋には先客がいた。
軽く割れたあご、彼よりやや年上で、苦労人らしい顔つきだが、
目の奥には柔和な光をたたえている。

仕事上の現状報告などが終わった後、
その人物はこちらを見やりつつ[彼]に聞いた。

「彼が、その、見学者か?」

「そうだ。どうも、我々のことを我々以上によく知っているようだぞ?」

[彼]がイタズラっぽくウインクしながら答える。

「まさか。…ふむ。まぁいい。このところ静かなものだし、
 たまにはこういうお客さんもいいだろう。
 君、疑問があったらなんでも聞いてくれたまえ。私はあちらにいる。」


 その後も私は施設を堪能した。 
遠い勤務地にいるはずの要員もここに戻ってきており、
あこがれだった女性とも話をすることができた。

 ひとしきり施設を見て回った後、
[彼]のオフィスに戻って飲み物で喉を潤しながらくつろぐ私。
だが、そろそろこの夢のような時間にも終わりが近づいているようだ。
私は、意を決して口にしてみた。

「今日は、本当にありがとうございました。
 長年の夢がかなってとても幸せです。しかし…なんというか、皆さんは… 」

やはり口ごもってしまう私に、彼は遮るように口を開く。

「確か君の国では、我々のようなものが定期的に戻ってきて、
 それを迎えるという風習があったんじゃないかな?
 そんなものだと思ってくれればいいさ。」

そして立ち上がり、改めて握手を求めてくる[彼]。

「ありがとう。今日は会えてうれしかった。
  …私たちのことを、忘れないでいてくれて…。」

不意に[彼]と、周囲の景色が薄れていった。

              * * *

 気が付くと私は、郊外にある大きな施設の前にたった一人でたたずんでいた。

そうか、今日はちょうど…

帰ったら、久々にDVDでも引っ張りだそう、そう思った。

(完)

|

« たかやまさんさく~ | Main | (のば)FOXをいじる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「再会」(二次創作みたいなもの):

« たかやまさんさく~ | Main | (のば)FOXをいじる »