« モーター夜話(1) 中央金属技研 ブラックモーターS3650BB | Main

2019.04.30

モーター夜話(2) マブチモーター ミニベビー

第2回目で早くもネタ切れか!? ラジコンじゃなくなってきたぞ(汗

チュウキンのモーターと同時期に手に入れたのかミニベビー。
オッサンならご存じだと思いますが、
小型モーターのおしりに単三電池用ホルダーが付いていて、
ちいさなプロペラまで付属しているというもの。
これ、スイッチはなく、指でちょんと弾いてやると回りだすという、
ミニ四駆のタッチダッシュモーターみたいなもの。

Dsc03059

付属のプロペラでミニミニ扇風機としても楽しめますが、
主な用途はヒコーキのプラモデルのプロペラを回すことでした。
ちょいと工夫すれば1/72くらいの単発機にも装備可能。
お手軽に稼働状態が再現できるので、
ブンドドもはかどるってもんです(笑)

子供の頃は何個も買って楽しみましたが、
わりと早い時期、確か平成になる前に廃番になってしまいました。
今回ミニベビーを2個入手したのですが、
そのうちのひとつがごく初期の製品でした。
「マブチモーター」の商標こそ同一なものの、
シート下の製造会社には「東京科学株式会社」の文字が。

Dsc03060

 

まだ、マブチに社名変更する1971年以前の製品ということになります。
価格は100円。その隣のマブチになってからの製品は160円ですが、
これはオイルショックの影響でしょうね。

Dsc03061

ミニベビーは装着に対応するプラモもいくつも発売されるなど、
一時盛り上がりを見せましたが、アクション重視の模型がすたれ、
スケール重視の世の中になったことに歩調を合わせるように、
店頭から消えていきました。

 

|

« モーター夜話(1) 中央金属技研 ブラックモーターS3650BB | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モーター夜話(1) 中央金属技研 ブラックモーターS3650BB | Main