2008.07.26

みほりさんのリクエストにお答えして

みほりさんのリクエストにお答えして
整理したフィギュア。とんがり帽子のメモルと、リボルテックとかち(笑)
アイマスのフィギュアとかまだあるんだけど、適当なケースが……高さのあるケースを買ってこなきゃ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2008.02.19

くそ、ヤラれた(笑)

かーいーじゃねーかよぉ、おい(爆)

いでらさんの殺風景なボディに花を添えてみよう♪

めったなことはいうもんじゃないなぁ(^^;)(^^;)

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2007.04.08

4月アニメ/特撮新番組雑感(長文注意)

一時期より落ち着いたものの、山のような新番組ラッシュのアニメ界。全部見るつもりはないけど、とりあえず気になった番組をチェックしたので感想など。原作モノも原作読んでないし、wikiとかでも調べないで初見での印象なので念のため。あんまネタバレにはしてないつもりなので、未見の方も安心してごらん下さい(笑)
(文中敬称略)


「ゲゲゲの鬼太郎」
4回目のリメイクなのか? 鬼太郎がキャラデザ的に大分ソフティスケートされてるのと、声が高山みなみなので違う番組と間違えそう(笑) 今回のイチ押しはみんな書いてる通り、ネコ娘に尽きると思う。この一点で視聴決定(^_^;)

「おねがいマイメロディ すっきり♪」
私はバラエティが嫌いである。だからこうした形態の放映方法は大嫌いだ。時間も半分になっちゃったし。しかしまぁ、マイメロの"毒"は健在なので、「マイメロ」だけ観るつもり。

「ハヤテのごとく!」
若本アニメ。それ以上でもそれ以下でもない。しかし今時こんなのを臆面もなくよくやるわ。

「ヒロイック・エイジ」
「マルドゥク・スクランブル」の冲方丁による本格SF。「蒼穹のファフナー」のファンだった人なら必見だろう。キャラデザもSEEDの平井久司だし。願わくばファフナーほど暗い話にならないことを期待したい。

「瀬戸の花嫁」
根っこのところのオヤジジャグ部分に非常に親近感を覚えるアニメ。ヒロインは桃井はるこがアテているが、以前よりずいぶんクセがなく、うまくなっているのにびっくり。劇中歌も多く、モモーイファンなら観るべきだろう。

「エル・カザド」
いきなりマクスウェルの悪魔が出てきて驚く。中南米が舞台というのが目新しいかもしれない。設定とか世界観がぜんぜん見えないので、そのへんがどう明らかになるか。しばらく見続けるつもり。

「美少女戦麗舞パンシャーヌ」
・・・今期、いちばん評価の難しい作品かもしれない。自分的にはちょっと拒絶気味ではあるのだが、久々の浦沢作品だし、耐えきれるかぎり視聴の予定。それにしても、河崎実のVシネ並のノリの作品が、夕方のTVで帯番組ってどうよ?

「キスダム-ENGAGE PLANET-」
河森正治メカデザのハチャハチャアニメ。第1話だっちゅーのに主人公が延々出てこないし、出たと思ったらイキナリ死んで、生き返るし(^_^;)「創聖のアクエリオン」なみのデタラメさ加減の予感(←ほめ言葉)視聴決定。

「神曲奏界ポリフォニカ」
某第5世界のように、ある程度の科学技術と精霊が共存する世界なのか?精霊と音楽によって契約するのだが、この曲を神曲、演奏者をダンティストというのにはちょっとニヤリ。ツンデレなヒロイン精霊がいい感じ。

「ながされて藍蘭島」
孤島ハーレムもの。第1話見たかぎりでは設定の穴が目につくので、そのへんがどうなるか。これも「ハヤテのごとく!」とは別の意味で臆面もなくよくやるわ。

「機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 」
わりと個人的に好きなクリエーターが集結して作ってる感のあるロボットアニメ。萌えからは一線を画したキャラデザとか世界観とかが気に入った。「闘技場」の世界やね。

「鋼鉄三国志」
中国古典モノは全然興味ないのだが、一応録ってみた。すげー力をもつアイテムが出てくる以外は、キャラの名前を含めほぼ三国志をなぞってるっぽい。萌え要素もないので、多分もう見ない。

「かみちゃまかりん」
こげどんぼ原作の魔法少女もの。しかし、「I’m God!」はまずいでしょう。女の子なんだから。まだ全貌が見えないので、しばらく観るかな。

「アイドルマスター XENOGLOSSIA」
これはすごいわ。○箱ゲーム「アイドル@マスター」からスピンオフしたアニメなんだが、換骨奪胎なんて生易しいものじゃなく、アイマスから借りてきたのはキャラとその性格くらいで、見事なまでにサンライズ・ロボットものになっている。大災害から復興した世界というのもツボだし。これは予想外の大収穫。視聴決定だ。

「ロミオ×ジュリエット」
言わずと知れたシェイクスピアの名作をアレンジしたファンタジー。ちょっと「ラ・セーヌの星」風味も入っているような。キャラデザがちょっとクセがあるけど(「スーパーバージン」を思い出した)、世界観などはなかなか好感がもてる。でも、原作が原作だけに悲劇で終わりそうなので、続けて見たくないな。キャラに感情移入してるとつらいから。

「地球へ…」
竹宮恵子原作のアレ。前回のアニメ化は劇場用映画だった。いまだにダ・カーポの主題歌を覚えてるなぁ。マンガ少年で読んでたのはもう30年も前になるのに、第1話を見ていてストーリーとかそれなりに覚えていて驚く。ベテランのスタッフが丁寧につくっている印象で、結城信輝のキャラデザもアニメ化にあたってはベストチョイスといえる。当然視聴するのである。

「大江戸ロケット」
ジャンル的にはスチームパンクに入るのか?個人的にはみなもと太郎のキャラが出てきた時点でツボ(ゲストキャラみたいだが)。今後、話がどこまではっちゃけるかで作品の価値が決まると思う。しばらく観るつもり。

「精霊の守り人」
極東アジアの架空の国を舞台とした作品。三国志はダメでもこういう作品は見れるんだよなぁ。原作は児童文学のよう。名前の付け方が半島っぽいのがちょっとヤ。もう何回か観てもいいかな。

「BLUE DRAGON」
ファンタジーものとしては可もなく不可もなく。ゲームやったことある人にはいいんじゃないでしょーか?

「桃華月憚」
シリーズ構成が望月智充ということで、期待したいところなのだが、ゲーム原作ということで一抹の不安が。「ヤミと帽子と本の旅人」がアレだったからなぁ。第1話を観るかぎり、一見のお客さんはおいてきぼり状態で不安が募る。どうなることやら。

「天元突破 グレンラガン」
ガイナのドリルもの、ってだけで視聴優先順位は急上昇。第1話のハジケ振りもよかったので、終わるまで見届けるつもり。ただ、途中でダレることがあるからなぁ。ご用心ご用心。

「鋼鉄神 ジーグ」
・・・なんつーか、熱すぎ。ちゃんと前作の続編だし、デザインも前作を引き継いでるし、オジさんには涙ちょちょぎれなんである。永井豪キャラ総出演なのもうれしい!担任のアルフォンヌ先生は何世ですか?(笑)今期最大の収穫。第1話の勢いで突っ走ってほしいものである。

「怪奇大作戦セカンドファイル」
前作のおどろおどろしさはないけど、それなりにがんばってる。ウルトラマン亡き今、唯一の円谷特撮だし。ただ、寺田、岸辺の両ベテランをのぞけば、役者にオーラが感じられないのがちょっとね。しかし、2代目トータス号はAZ-1かい。欲しくなって困るじゃないか(T_T)

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2006.04.08

新作アニメ雑感

ふー、やっと某TT社のお仕事が一段落した。
んで、録り溜めていた新作アニメを適当にナナメ見したので、とりあえず第一印象など。

「simoun」(シムーン) 異世界空戦モノ?キャラがかわいい。
「xxxHOLiC」クランプ原作。ギャグものですな。
「いぬかみっ!」犬神少女と犬神使いの少年が妖怪退治・・・なのか?これもキャラがかわいい。
「エア・ギア」大暮維人原作。OPも本編もかわりとシャレてるっていうか、演出に凝ってる感じ。
「ガラスの艦隊」GONZOにメカデザがぬえというある意味王道?宇宙戦闘が帆船時代のイメージだな(笑)
「ザ・フロッグマンショー」FLASHから地上波へ飛び出した話題作。ギャグものなので波長が合えばいいんじゃないか?
「ゼーガペイン」サンライズのロボットもの。現実の学園生活と異世界の戦士。1話見たところではいい感じ。
「ラブゲッCHU」声優モノかぁと思って見たら、設定とかブッ飛んでてけっこう見れてしまったよ(^_^;)
「リングにかけろ1-日米決戦編-」日本Jr対アメリカ勢の戦い。いや、いいわ,コレ。キャラがちゃんと昔の絵だし。スタッフも豪華。OPも熱いぞ!たぶん毎週見ちゃう。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.03.26

パブロフの犬(^^;)

♪しょ~こ~、しょ~こ~、しょこしょこしょ~こ~、ふ・み・だ・いしょ~こ~・・・

 20歳くらいの時に自己ベストである58キロを記録して以来、だいたい1年1キロくらいのペースで体重が増えている上、パソコンに向かっての座り仕事が多い関係でどうしても運動不足になる。といってもなにせ、ブログもまともに続かないくらい飽きっぽいわ、スポーツは大嫌いだわというヒトなので、なかなか効果的な運動法が見つけられなかったのだが、ある日友人がネットで見つけてきてくれたのがコレ。

 「アニメダイエット」

 よーするにアニメを見ながら踏み台昇降をするという単純なものなのだが、これがなかなかいい。なによりも運動中に退屈しないし、1番組25分×2で1セット、というのは運動量としてもちょうどいいカンジ。この飽きっぽいワタシがすでに1週間近く続いているんだから(爆)もっとも、最初のうちはAパートくらいでアゴが出ていたのだが・・・
 普段仕事をしているPCはTV兼用なので、仕事の合間、気分転換に手軽に出来るのもメリットだ。スポーツクラブとかだと、忙しい時には行ってられなくなるもんね。
 で、運動する時に見ているのが、録り溜めたまま見るヒマがなかった「宇宙のステルヴィア」。1日2話ずつ、すでに12話まで見終わったが、ちょっと困った現象が・・・
 アキバなんかでたまたまステルヴィアが放映されてたりすると、なーんだかその場で踏み台昇降したくなっちゃうのだ(おおわらい)逆に階段を登るとか、踏み台昇降的運動をすると、「しーぽん」(ヒロイン)の顏が浮かんでくるし(^^;)
ステルヴィアを全話見終わって、別のアニメ(なり特撮なり)に移行するとき、しばらくは違和感を感じることになるのは確実だ。
 ま、アニメなり特撮なりの在庫はまだよーけあるので、当分ネタ切れになる配だけはないんだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)