2007.04.21

候補者はどうやって選ぶのか? 私の場合

 統一痴呆戦後半戦である。今回の市議選は定数が22に削減されたところに25人が立候補しているので、ちゃんと投票券が来た(笑)

 さて、こういうローカルな選挙で困るのが、「誰に入れたらいいのか?」ということだ。まず、ウチは新聞をとってないので、選挙公報が届けられない。誰が出ているのかもわからないし、どういう公約を掲げているのかもわからない。市の選挙管理委員会のHPを見ても、立候補者一覧すらないというのはどういうわけか! 公職選挙法で選挙期間中のネット上での活動が制限されているといっても、これはいくらなんでも手抜きとしかいいようがない。仕方がないので、所用で市内に出たついでにわざわざ市役所に寄って、選挙公報をもらってくる。

 まぁ、広報を見てもたいしたことはわからない。多くが政党名を隠して無所属で立候補しているし、みんな同じようなことを書いている。財政再建と福祉の充実? そんなんが簡単に両立したら誰も苦労しないっての(^_^;) ただ、簡単なプロフィールを記している候補もおり、それでちょっとどんな人なのかはわかるので、気に入らないヤツはダーマトで×を付けていく。それから、某宗教政党と某赤い人たちは潔く党名を書いてあるので、ありがたく×印を付けさせていただく(^_^;)

 残った候補者は名前でググって情報を探すが、その過程でいいサイトを発見。「ザ・選挙」 ここで検索すると、前回の市議選の立候補者と今回の立候補者が一覧でわかるのだ。もっとも、県議レベルから上だとプロフィールなどの情報が入力されていて、それなりに人となりがわかるのだが、市会議員だと名前、年齢、簡単な職業など、選管に届けられた情報くらいしか載ってないのは残念。これでも、候補者の本名(書きやすくするためにひらがなにしてるのが多いでしょ?)がわかるので、検索には重宝する。

 市議レベルだとweb上でも情報は多くはないが、現職なら委員会の議事録がひっかかってくる。ここで欠席の多さや発言の量、考え方なんかをチェックするわけだ。新人だとこうはいかないが、このへんの選挙に出てくるのは年寄りが多いので、地域の顔役というか、たとえばサッカー少年団なんかの世話役をしてる人も多く、そのへんから見ていく。自営業者だったらそこのwebサイトの作りをチェックしたり。

 しかしまぁ、25人も立候補していて、政治姿勢をアピールするためのブログなりwebなりを開設している候補がひとりもいないのはどうよ? 唯一のブロガーだったイラストレーターの議員さんは今回引退らしく、立候補してないし。

 そんなこんなで半日かかって、やっと投票しよっかな? と思う人を3人まで絞り込んだところ。候補者名を挙げるとアレなんでいわないが、語り系のオッサン(ポスターをみりゃわかる)とちょっと頭はカタそうだが、行政のスリム化に取り組んでるヒト、そして近所の新人さん。近所の新人さんは、まぁ経歴と政治信条はそれなりに悪くないかな? というところ。そういうことをおいといて、ある一点で印象に残ってるのだ。

 この人毎朝、犬の散歩してるのを見かけるのね。そうすっとその犬が、すごーくうれしそうに笑ってるんだわ(^_^;) あー、あの犬はそういう顔なのかなー?とか思ってたら、たまたま息子さんか誰か別の人が散歩している時があって、その時は笑ってないんだよ、コイツ(笑)そのオッサンの時だけ、満面の笑みなの。 犬があんなにうれしそうなんだから、きっと悪い人じゃないよねー、・・・・って、政策とか関係ないじゃん(^_^;)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2007.04.08

選挙する機会を奪われる

ノッケから刺激的なタイトルだけど、本日の統一痴呆戦、私のところには投票用紙がこなかった。

というのも、立候補者がトップギャラン(仮名)候補1名しかいなくて、無投票で当選が決まってしまったからである。

ついこの間あった市長選も、現職市長以外に立候補者がおらず、これまた無投票当選。この地域に越してきて10数年になるが、すでに2回も投票の機会を奪われている。

せめて立候補者が1人しかいない場合、その候補でいいかどうか○か×をつける、信任投票みたいな形にしてくれないものか。んで、×のほうが多かったら選挙やりなおしと。


まったく、供託金を払うくらい金に余裕があったら、立候補してやりたくなるぞ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)