2013.08.26

緊急入院などしてみる(その4)

(前項より続く)

カテーテル室は自在アームにくっついたいくつものモニターっぽいものに囲まれた幅の狭いベッドが部屋の中心にあるただっぴろい部屋。壁際には本棚のようなものがあり、そこにカテーテル用のアタッチメント(使い捨て)なんかが入っているらしい。
ベッドには全裸で仰向けに寝かされて固定。腕と足に茶色い消毒液をたっぷり塗られ、全身にビニール引きのカバーをかけられる。…なんか、ミイラにされるような気分。
左腕は引き続き点滴、右手首は局所麻酔が打たれ、麻酔が効いたあたりで、手首からぐいぐいナニかが押し込まれていく感触が(^^;)ううっ、ヤだなぁ。
麻酔が効いてるのもあって、特別痛いとかはないのだが(鈍い痛みはあるけど)、自分の心臓の中に管がにょろにょろ入ってるというのはなんか妙な感じだ。メインの執刀者以外に、助手や指図をする先生か先輩、「ご気分はいかがですか?」とか聞いてくれる看護の方など、全部で5、6名のスタッフがいたような気がする。
アームの先端にあるモニターのようなものはCTであるらしく、処置が進むにつれいろんな角度に曲げるのだが、顔スレスレまで来て口にくっついちゃうことも。そういうときはどっちかの方向に顔を曲げるのだ。

しばらくすると主治医の女医先生が枕元に来て、「やっぱり狭窄がありました。治療しますのでもう少し時間がかかります。」とのこと。うーん、やっぱり。
どんな治療をするかは、友人に心筋梗塞から生還したヤツがいるのでだいたいわかっているのだが、血管の中を通した細いワイヤーをガイドにして、バルーン(風船)を狭くなっているところに持っていき、膨らませた後、内側からステントという金属メッシュのパイプみたいなので支える治療。内側から補強してやるわけやね。
なんか、心臓にある3つの冠動脈すべてに狭窄があるとのことで、とりあえずより重要な2個所を今回処置し、1個所は後日にするか、あるいはそのままにしちゃうかということになったらしい。
まー、お任せしますとしかいえないんだが、検査が治療に変わったわけでこのへんからちと室内が慌ただしくなる。何人か新しいスタッフも来たらしい。それはいいんだが、こちら的にもちと問題が。ずっと点滴されているので、だんだん尿意が耐えがたくなってきたのだ。一応、始まる前にシビンをあてがっておいてくれたのだが、仰向けで身体を動かせない状態ではとてもじゃないが出やしない。

ニトロが投与されたり、バルーンが膨らまずにやり直したり(^^;)しているのを聞きながらもフシギと恐怖はなく、ただただ早く終わってトイレに行きたいと、そればっかり。さすがにバルーンを膨らませている時はちょっと痛かったが。
開始後2時間、やっと処置が終了。カテーテルの導入口だった右手首は、出血防止のため空気圧を利用した強力ピンチではさまれて痛い。でもそれ以上に尿意が耐えがたく、すぐに車椅子でトイレへ。普通に立って放出完了。
心臓手術というと、もうすごいオオゴトのような感じだが、カテーテル治療だとほとんど体力を削られた感もなく、そのまま仕事に行けるんじゃ?とか思うくらい身体への負担は少ない。さすがにそういうわけにはいかず、6時間の絶対安静ということで一泊入院して翌朝帰って来た。

以上、緊急入院顛末記でした。

現在は運動時の胸の痛みもだいぶ減って(ゼロじゃないけど)、それなりに元気に過ごしております。ステント部分の血栓防止で、一生、薬を飲み続けなきゃいけないけどね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.08.05

その後

どうも皆様、暖かなお見舞いのコメントありがとうございます。

本日も病院に行ってきたんですが、現在のところ小康状態を保っております。
まーだ鈍痛はあるんですが、幸いそれ以上にはなってません。
山ほど水分取って、結石の溶解剤も飲んでいるので、
もしかしたらもう石が出たのかも。出たんだといいなぁ。

一応、来週また検査にいかないといけんのですが・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2008.08.04

うーむ。

尿管結石になってしまいました(T_T)
昨夜緊急外来に担ぎ込まれて、今日も医者行ってきた。
仕事に影響でなきゃいいんだけどなぁ。

しかし、金はたまらないくせにこういうつまんないモノは溜まるんだなぁ・・・

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2008.05.14

疱疹ができる

鼻のワキに疱疹が出来てしまった。
(グロなんで画像はなしよ)
いわゆるヘルペスで、これは一旦感染すると首のリンパ線に住み着き、
除去することが困難だそう。
だからちょっと疲れたりして油断したりすると出てきてしまう。

帯状疱疹とかと違ってそんなに痛くはないんだけど、
リンパ液が固まってその部分が変形するので、
みっともないったらありゃしない。ついでに口内炎も併発。
このところ不規則な生活が続いていたからなぁ。

医者に行くのがいちばんだけど、ホビーショー前の忙しい時期なんで、
病院で何時間も待ってられない。待合室だとPCで原稿書くのも憚られるしね。
ビタミン採って清潔にして、以前お医者にもらった軟膏の残りを塗って、
なんとか自然治癒を待つことにしよう。

つーわけで、会場ではかなりお岩さんチックな私がいると思いますが、
石を投げないでください(^^;)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2006.05.01

腰痛が再発する

数年前、一時車椅子に乗る騒ぎになった腰痛。
ここのところの不摂生がたたったのか、
昨日ベッドから降りようとしかけた時にまた再発してしまった。

さすがに最初の発作の時のように、激痛でのたうち回るとまではいかないものの、
どんなカッコしてても痛くて5分と同じ姿勢を保っていられない。
薬を飲んで横になる。
横になっている痛みは多少マシだが、
ついウトウトしてうっかり寝返りを打とうとうすると、
激痛を感じて目が覚める。

そんな中でも某社の原稿の直しがあったり、
切れたFAX用紙を買いにいかなきゃならんかったりで。
運転しながらもー、死ぬかと思った。

明日は行きつけの病院の腰痛外来の日なので、
なんとかして出かけたいと思っている。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.05.18

20年ぶり・・・

 ホビーショーやら某社仕事やら、
忙しくて飛び回っていたら、ずっと忘れていた恐怖の大王が復活。

               「ヒョウソウ」

 指のツメがワキに喰い込んで化膿するヤッカイな病気。ワタシの場合は足の親指。
思えば20代前半はコイツとの戦いだった。
こまめにツメを斬っていればならないんだが、
忙しさにかまけてサボっていると、ある日突然足に痛みが走るのだ・・・・。

悪化してくると鋭く尖ったツメの先が肉を食い破り、
指の先端に飛び出してくる状態で、
足の指はいつも腐肉状態。当時通っていた師匠の家の犬が、
匂いに吊られて大喜びで寄ってくるのに閉口したっけ。

 ある日、一大決心をしてニッパとマイナスドライバと鉗子(祖父の形見)で、
エイヤッと切除手術。痛いわ血は出るわで泣き叫びながら、
ツメの尖った部分を切り取り、その後はなんとかなっていたのだが、
20年ぶりくらいにコイツが再発したのだ。
ツメ切りをサボっていた上、
先週は履き慣れないちょっと小さ目の靴でやたら歩き回ったのがいけなかったらしい。

すでに化膿も始まっていたので、風呂あがりに手術を試みたのだが、
痛さのあまりつい中途半端になってしまい、完全に切除できなかった。
うっかりつま先でもぶつけようものなら痛いのなんのって。

今度はいつまで続くんだろうか?(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.29

有酸素運動と花粉症の関係

 先日も書いた「アニメダイエット」だが、運動不足解消と共にもうひとつ、副次的効果があることがわかってきた。鼻が通るのである。
 実はもう20年以上続くひどい花粉症で、いつもこの時期になると鼻がグズグスになる。両穴とも完全につまって息が苦しいところにもってきて、鼻水は容赦なくダラダラと流れ落ちるのだ。外出するときなどは大変である。そこらの買い物程度なら、鼻の穴にティッシュを詰めて、その上からマスクで隠して(みっともないからね)出かけられるのだが、長時間の外出の場合そうはいかない。
 まず湯気でもうもうとした風呂に入り、多少ぬるめにしてゆっくりとつかることで、蒸気吸入の要領で末梢の血管まで十分に拡張させ、とにかく鼻を通す。そして上がった後、すかさず点鼻薬と飲み薬で鼻水を止め、落ち着いてからやっと出かけられるのだ。つまっている状態で薬だけ使ってもまったくダメなんである。おかげでこの時期は外出するのに1時間半はかかる。化粧の長い女性もかくやである。
 ところが、踏み台昇降を初めて10分もすると、いつのまにか鼻が通っている。運動で新陳代謝が活発になることと関係があるのだろうが、スッキリと鼻が開通し、この時期ずっとマヒしている嗅覚も少し戻ってくる(余談だがこの嗅覚がないおかげで、なにを食べてもうまくない)。あらかじめ薬を飲んでおいて、鼻が通ったところで点鼻薬を使ってやれば、かなり外出までの時間を短縮することが出来るようになった。
 ちなみに運動後、薬を使わずそのままにしておけば、ほんの5分ほどでまた鼻づまり鼻水ダラダラ状態に逆戻りである。運動をしている間はずっと快適な状態でいられるのだが、だからとって一日中踏み台昇降しているわけにはいかないしねぇ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)