2019.11.18

ブラックポルシェのレストアと走行会参加(3)

あまりの楽しさに写真もロクに撮らずにひたすら走らせてて、終了間際の夕方にあわてて撮ったギャラリーがこちら。93421

プラモメーカーのマシンなど、レア車がずらりと並ぶピット。ヨコモのミニレーサーRC-12やタミヤF1もありました。
93422

ランボルギーニチータの隣にはオオタキのマスタング!! ロングスイルベースらしい安定感のある走りっぷりでした。

93423

こちらはフジミの童夢。フジミは、実車設計者である小野氏の設計したシャーシがウリでしたね。

93424

なつかしー雑誌類。ラジマガがないぞw

93425

タミヤCSブラックカウンタック。傍らには当時のニッカドパックが…。タイヤとホイールは最近の限定再版モノですな。

93426

これ、ウチのピット。オンロードは4台持ち込んだけど、動くのは934が1台のみというテイタラク…

93427

友人のでりちゃんといっしょに昔のプロポも展示してみました。

93428

でりちゃんは無限スピリットと京商プラズマ、タミヤF1にツーリングなど。プラズマよく走る~、だそうです。

93429

主催者様のピット。パッケージだけでも持って帰りてぇ~w 今回はAYKパーセックにカンナムローラ、京商ソニックスポーツなどの旧車を参加者に惜しげもなくレンタルしてくださり、感謝感謝。なつかしいフィーリングを堪能しました。

93430

京商ソニックスポーツだっ!! フロント540、リヤ380のFF的四駆バージョンでセットアップ。我々(誰だよ)の間では品川プリンス仕様というw アンプも古いRM-7を搭載予定だったが、壊れていたので諦めたとか。そしてそのアンプは…

93431

こちらはAYKパーセック。サンワのスピコン500が載ってるのが個人的に大受け。やらせてもらいましたが、往年の左ダンスは健在(汗


いやぁ楽しかった。来年も開催予定だそうで、その節はぜひまた参加させていただきます(^^) え、もう来るなって?www

| | Comments (0)

ブラックポルシェのレストアと走行会参加(2)

ボディをかぶせてみるとこんな感じ。ホイールは同社のカウンタック用。純正のホイールもあるんだが、シャフトにかぶせるスリーブが行き方知れずになっちゃって装着不能。スリーブ、作らなきゃなぁ。
93413

 

そしてやって参りました走行会当日。画像を見てもらいましょう。わかる人なら、どんだけレアなクルマが集まってるかわかるでしょ?(笑)実車のグッドウッドフェスになぞらえ、ガラスケースにしまっとくよーなクルマをガンガン走らせちゃうようなイベントなのだ。
93414

 

当然ワタシも走らせましたよ。前後タイヤは走行用のRM・Mk.6用のホイールにフロントがモールド、リヤがなんだか忘れちゃった(^^;)(けど多分Lラバー)大昔の現役時代、パーキングロットでの基本の組み合わせ。シャーシ裏にはキズ防止のガムテープを貼っちゃうところがヘタレである(汗
93415

 

タイヤセットはどんぴしゃで、自分好みの弱アンダーな特性、しかも非常に素直。ステアリング操作なりにマシンが思った方向を向くのでラインにすごく乗せやすい。改めて、当時の滝博士の設計の優秀性に感謝。インチキなラクダリポのおかげか、380モーターなのにストレートは思ったより速く、ストレスはない。
93416

 

主催者氏のポルシェ935との夢の共演。とても令和の時代とは思えないwww

 

93417

 

が、好事魔多し。途中からちっと直進性が悪化し出したなぁと思う間もなく、バックストレートで突然の転倒。ああ~、せっかく磨いてクリアかけたボディが…
93418

 

原因はフロントブロックの固定ナットが脱落したためと判明。おかしーなー、新品のロックナット使ったんだけどなぁ。
93419

 

修理後、またまたいい調子で走らせて、30年前に接着したモールドタイヤが剥がれて走行不能になったりもしたけれと、総じて思ったような走りができたので満足満足。途中からもう開きなおって、プラボディなのにガシガシぶつけながらバトルしちゃったよwww

 

ちなみに、ボディ以外に大きな破損はなし。いや、よー走るわこのクルマ。ワタシ、最初のRCカーがノーマルの934だったんだけど、こういうクルマだったからこそ面白さにハマってしまい、沼から抜けられなくて40年以上ですよあーた(笑)
93420

 

ブラックポルシェ934くん、30年ぶりのお勤めご苦労さまでした。

 

続いてギャラリー編いきます。

| | Comments (0)

ブラックポルシェのレストアと走行会参加(1)

1982年ごろのことだと思うが、電波実験社の担当だったK氏が仕事を辞めることになり、持ってるRCカーをやるから取りに来いとの連絡があった。

ホクホクと出向くワタシの目の前に現れたのが、ヒノデのF1、ロータス78と、タミヤの10万台突破記念ブラックポルシェ934だった。特に934は発売当時ほしかったものの、あっと言う間に完売してしまい、残念に思っていたものだった。

当然喜んでもらい受け、1988年に行われた「タミヤサーキット10周年記念・タイムトンネルレースでは友人のぼーるさんに託して実際にタミヤサーキットを激走。その後、1990年の「タミヤRCカーグランプリ・クラシックスペシャル」でも走行させている。転居の際も処分することなく現住地に持ち込んでいたが、押し入れで放置状態だったために、かなりボロボロの状態。
9341

しかし先日、「浜名湖ガーデンパーク フェスティバル・オブ・スピード」という旧車の走行会に参加することになり、コイツを実働状態にレストアすることにした。
9342
9343
シャーシはこんな感じ。たぶん、90年当時積んだステアリングサーボがそのままになっている。走らせてたまんまなので、フロントはF2についてたモールドタイヤを現地で移植したまま、後輪はRM-Mk6ポルシェ956のものを使用している。
93459346

ボディは一応、だいたいのパーツは残っているものの、ウインドーはぱっくりこ、ライトのメッキも剥げちゃってるし。視覚上大きなアクセントであるドアミラーやワイパー、細かいトコではやボンネットフードピンがないなどいくつか欠品も。幸い、ウチには未組のタムギヤ934ボディがあったので、ミラーとワイパーはそこから流用することに。フードピンは、このさい無視といことで(汗
9344

まず、ボディを洗浄するために、ウインドー類を取り外し。当時、耐衝撃性を考えゴム系接着剤を使用していたおかげで、なんとかうまく剥がれてくれた。ABSボンドとかだったら完全に溶着してムリだったかも。
9347
あとはマジックリンなんかを使ってハケやブラシでまんべんなく汚れを落とし、ホコリの付かない場所で換装させ、完全に乾いてからざっとプラモ用のクリアをスプレー。メッキ部分をハンブロールのシルバーを筆塗りしてゴマカすなど小細工を弄したら見違えるようになった。
9348

シャーシのほうもバラして洗浄。このクルマ、サーボの位置合わせがけっこう面倒だった記憶があるので、サーボはできればそのまま使いたいと外さないである。

9349
この時代のタミヤ車は、なぜかビスがJISネジという古い規格になっている。これでは不便なので、現代のISOネジに変更。チタンビスや青いパーツをふんだんに使ってやった(笑) 軸受けのブラス部分も磨いてピカピカに。

9341093411

サーボは当初、コネクタだけ現在の規格に変更してそのまま使ったんだが、いーかげんに載っけてあったせいか左右の切れ角がまったく違い、送信機側での調整も効かないほど。なんでコレでヨシ! と思ったんだよ!!>30年前のオレ

結局、一度ハガして装着し直すなら別にこのサーボにこだわることもないだろうと、年代的に(ちょっと)新しいSANWAのSUPER-ERGに変更。前後のタイロッドが並行になるように位置決めするのがポイントになる。この時代なので、固定は男らしく両面テープのみだけど、380パワーなら問題ないでしょ。

スロットル側は、サンワプロポ黎明期の大型サーボ、SM-301のジャンクがあったので、アッパーケースのみを使って、これまたジャンクから引っぺがした巻線コントローラーをダミーで装着。下に某500円アンプと受信機をセット。なんか当時っぽいでしょ? 巻線でサーボの銘板が見えなくなるので、それならばとノリをハガしてステアリングサーボの銘板の上にペタっ。こちらも一見旧式そうに。電池はもちろんラクダのリポ改ね。

93412


以下、次のエントリーに続く。

| | Comments (0)

2019.11.03

タミヤ・ラクダバッテリーのリプレース

今度、ガーデンパークFOS

https://sites.google.com/site/hamanakogfos/home
なる旧車イベントに参加を考えているのだが、手持ちの古いマシンに載せるバッテリーがないことにハタと気がついた。昔のラクダバッテリーは残ってるけど、全部もう電池としてはオシャカになっちゃってるしね。
Raku01

しょーがないのでラクダをカラ割りして、中に小型リポを仕込むことに。単に走らせるだけなら、ショートリポとか載っけてもいいんだけど、それだと実車グッドウッド・フェスのRC版をめざすというイベントの趣旨にそぐわない気がするのだ。

Raku02

まず、エクザクトソーなどでラクダのケースを合わせ目からぶった切る。ケースは溶着されているのでこうでもしないと開いてくれない。この作業がいちばんメンドクサイ(^^;)

Raku03

苦節ウン十分、ラクダの開きw 中身のバッテリーは粉吹いてひどい有り様。販売店など回収してくれるところに持っていくか、地域のゴミ処理規定にしたがって廃棄しましょう。

Raku05

内部の付着物等を洗い落としたら、スカホで買ってきたオプションNo.1のショートリポを入れてみる。いい感じに収まりそうだ。ただ、昔より電源コードが太くなってるので、コードの取り出し口を拡大するのと、センサーコード用の穴を新設しよう。しかしまぁ、この大きさで容量2000mAhと元の電池より大容量だっていうんだから、技術の進歩を感じずにはいられま千円。

Raku04

ゴーリゴリゴリとワイルドに荒目の丸ヤスリで穴を拡大。適当でよいです。

Raku06

ここで取りいだしましたるは釣り用の板ナマリ。そのままだと重量が軽くなりすぎ、走りのバランスが崩れるので、元のラクダバッテリーに近いところまでオモリを入れてやるのだ。だいたい、総重量で300gちょっとくらいになるようにしたい。

Raku07

こんな感じで入れてみた。オモリの固定は両面テープなどで。電池との間は絶縁材を噛ませておくほうが安全。

Raku08

上下を瞬間などで仮止めして、最後にグラステープで固定してやれば、「ラクダバッテリー2019」の出来上がり。

Raku09

重量は320g。本来のラクダが約350gだから、やや軽い程度に仕上がった。これなら走行への悪影響はないだろう。

 

| | Comments (0)

2019.04.30

モーター夜話(2) マブチモーター ミニベビー

第2回目で早くもネタ切れか!? ラジコンじゃなくなってきたぞ(汗

チュウキンのモーターと同時期に手に入れたのかミニベビー。
オッサンならご存じだと思いますが、
小型モーターのおしりに単三電池用ホルダーが付いていて、
ちいさなプロペラまで付属しているというもの。
これ、スイッチはなく、指でちょんと弾いてやると回りだすという、
ミニ四駆のタッチダッシュモーターみたいなもの。

Dsc03059

付属のプロペラでミニミニ扇風機としても楽しめますが、
主な用途はヒコーキのプラモデルのプロペラを回すことでした。
ちょいと工夫すれば1/72くらいの単発機にも装備可能。
お手軽に稼働状態が再現できるので、
ブンドドもはかどるってもんです(笑)

子供の頃は何個も買って楽しみましたが、
わりと早い時期、確か平成になる前に廃番になってしまいました。
今回ミニベビーを2個入手したのですが、
そのうちのひとつがごく初期の製品でした。
「マブチモーター」の商標こそ同一なものの、
シート下の製造会社には「東京科学株式会社」の文字が。

Dsc03060

 

まだ、マブチに社名変更する1971年以前の製品ということになります。
価格は100円。その隣のマブチになってからの製品は160円ですが、
これはオイルショックの影響でしょうね。

Dsc03061

ミニベビーは装着に対応するプラモもいくつも発売されるなど、
一時盛り上がりを見せましたが、アクション重視の模型がすたれ、
スケール重視の世の中になったことに歩調を合わせるように、
店頭から消えていきました。

 

| | Comments (0)

2019.04.21

モーター夜話(1) 中央金属技研 ブラックモーターS3650BB

ココログのリニューアルで使い勝手も慣れなくてはいかんし、
しばらくマジメに更新していくかなー、ということで、
モーターの話題を不定期連載することにしましたん。

題して「モーター夜話」。

なに、ムカーシのモーターのハナシをジジイがにょろにょろ語るだけだす(笑)
記念すべき第1回は、チュウキンのブラックモーター。

Bkb1

まぁ、ブラックモーターといってもぜんぜん馴染みがない人が大半でしょうが、
1970年代後期、1/12電動RCカーが百花繚乱咲き誇った、
いわゆる第一期電動カーブームの頃に発売されたスペシャリティモーターです。
(ここでいうスペシャリティとは、マブチ540と比べて、くらいの意味です)
エンドベル分割式でブラシ交換も可能と、メインテナンスについても考えられていて、
当時急速に盛んになってきたレースイベントでの使用にも適したモーターでした。

Bkb2

画像を見て、ちょっと詳しい方ならお気づきだと思いますが、このモーター、

エンドベル部分がほぼ同時期に発売されていたAYK(青柳金属工業)のモーター、
GZ1200シリーズと共通の意匠を持っているんですね。
放熱のよいアルミ製で側面に楕円の開口部があり、
絶縁ワッシャを介して真鍮製のブラシホルダーを組み合わせ、
ブラシは六角の特殊ナットでセットされているというあたり、
エンドベルについてはまったく同一のデザインといって良いと思います。
ただ、AYKのGZがフロントエンドも別体で3分割式になってるのに対し、
スチールの一体型である点が異なります。

このような差異はあるにしろ、当時の雑誌を見ると、
寸法はAYKのGZ1200と同じと記してあって、
じゃあ、エンドベルは同一のものを使用しているんだなと思ってました。

Bkb3

ところが最近、オークションで現物を手に入れることができまして、
家にあったGZ1200Rと比較してみたら、なんとびっくり寸法が違う。

全長やシャフト径などは同一、本体の全長もほぼ同一なんですが、
チュウキンのほうがエンドベル部の全長が短く、
その分ベアリング保持部が突出している形状でした。
全長は一緒なので、内部のローターなども同一だと思いますが、
気がつかなかったなぁ。

なお、このブラックモーター、作っていたのはサガミで、
同一意匠のものがCAMでもOEMで発売されていたほか、
当のサガミも本体色を赤に変更、エンドベルを白色塗装とした、
「レッドモーター」を発売してました。

79年、アソシRC12EXにレッドモーターを組み合わせていちむらGCに参戦、
そのころがいちばん(いちむらでは)調子よかったなぁ。

Continue reading "モーター夜話(1) 中央金属技研 ブラックモーターS3650BB "

| | Comments (0)

2017.10.23

てなわけで走らせてきた

Fr0

もう、2週間も経っちゃったけど、出来上がった(のば)FOXをイベントに持ってって走らせてきた。


Fr1


ドライバーはでりちゃん。もうちょっとサスのセットをちゃんとすべきだった。反省。

Fr2

旧車イベントなので、他車も当時のマシンばかり。こんなん、なんか80年代ぽいよね。

Fr4

しかし、記憶通りにやっぱり曲がらないクルマだわ(汗


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.23

(のば)FOXをいじる

もうすぐケムール霜鳥氏の4周忌ということで、
彼に縁のある品物をなんかいじりたいなと思っていたのだが、
たまたま目についたのが彼が昔塗ったタミヤFOXのボディ。

マシンそのものは廃棄されてしまったようだが、
ボディはたまたま残っていて、ご遺族の方に形見分けとして戴いたものだ。
これを走るようにできればいいなぁと考えていた。

とはいえ、再販の(のば)FOXを買ってくるのもオゼゼ的にちょっと余裕が、とか思っていたら、
共通の知人でもある元のうてんき群馬支部長のdelica氏より、
組立った(のば)FOXがあるから使ってくださいとのうれしい申し出。

ご厚意をありがたくいただき、メカ積んでボディを載せてみたのがコレ。
F1

オリジナルFOXとは形状の違うスタビと金属色で目立つナックルストッパーは、
クリアイエローで適当に塗ってエアーサプライのワープチューン的に(笑)

F2

ボディに星スピードのステッカーがあるので、本当はモーターは星さんところのにしたかったが、
手持ちがなかったので我々の定番ともいえるシンカモディファイをチョイス。

F3

命日には墓参に持参して、霜さんに見せびらかしてやろう、そうしよう(^^;)
あと、某スキー場でやる旧車イベントにも持っていく予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.05.01

ケムール霜鳥追悼走行会レポート

4月29日、いつもレースや取材等でお世話になっている、
埼玉県加須市にあるスカイホビーさんのサーキットで、
昨年9月27日に逝去されたケムール霜鳥こと霜鳥由明氏の追悼走行会が行われました。
1

もともと4月29日は、以前千葉・流山にあったトントンランドさんで、
RCカーの旧車イベントが行われていた日で、トントンさん閉店後も、
茨城県龍ヶ崎市のY・Rオフロードパークさんで同様のイベントが開催されていました。
本来はこの旧車イベントに協賛する形で霜鳥氏のマシンを展示する予定だったのですが、
コース整備の遅れでイベント自体が中止になってしまい、
急きょ、スカイホビーさんのコースをお借りすることになりました。
急な話にもかかわらず、快諾してくださったスカイホビーさんに御礼申し上げます。

当日はかつて霜鳥氏とともにRCを楽しんだ、
元“チームのうてんき”のメンバーが数多く参集しました。
特に元会長の織田氏は手術後の体調のすぐれない中で来てくださり、
感謝の言葉もありません。

2

また現在は中京地区に転居している会員も駆けつけてくれるなど、
みんなで毎週のようにRCカーを走らせていた20代の頃に戻ったよう。

こうした身内のみならず、かつて霜鳥氏が連載を持っていた雑誌、
「スーパーマシーン」の読者だった皆さんなど、
一般の方もずいぶんたくさん見学に来てくださいました。

3

展示台にはありし日の霜鳥氏の写真、その周囲には彼の作品たるRCカーが並びます。
現在では見ることのできない絶版車ばかりで、多くの人が作品に見入っていました。

4

午後からはこれらのうち数台を、実際にサーキットで走らせました。
いずれも友人有志の手によって再び走行可能な状態になったものです。
クルマによっては30数年ぶりに実働させたものもあり、
元気にコースを駆ける姿は感動を禁じ得ませんでした。

5

最後に、今回の催しに集まったメンバーで記念撮影をして解散しました。

6

霜さん、よろこんでくれたかな…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.24

4/29 ケムール霜鳥追悼走行会を行います

先年9月に逝去した、ケムール霜鳥こと霜鳥由明氏。
当時こちらのブログでもお伝えいたしました。

彼は生涯で軽く100種類を越えるRCカーを楽しんできましたが、
我々RC関連の仲間では、遺品整理の過程でそのうちいくつかの作品を、
ご遺族からご提供いただくことができました。

こうしたマシンの一部を展示、走行させる追悼走行会を、
4月29日、埼玉・加須市にある「スカイホビーさん」のサーキットで行います。

あくまで身内が霜さんを偲んで行う、プライベートなものですが、
かつてスーパーマシンやラジマガ、
モデルジャーナルなどの誌面を飾ったマシンたちを
ご覧になりたい方もいらっしゃるだろうということで、
こうして告知させていただくことになりました。
30年以上の時を経て再び日の目をみた貴重なモデルもあります。
ご興味がおありでしたら足を運んでくださればと思います。

なお、スカイホビーさんに実施の許可はいただいておりますが、
この催しはスカイホビーさんが主催されるものではありません。
くれぐれもスカイホビーさんに問い合わせをされないでください。

当日、サーキットは貸し切りではありませんので、一般のお客様もいらっしゃいます。
見学される方はくれぐれもご配慮をお願いします。
コースを走行させるには、スカイホビーさんのほうで手続きが必要ですので、
よろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧